IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

Inst. Tech View

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  Microsoft Azure  Docker 

第49回 Cisco Catalyst SDMテンプレートの変更 2015年6月

 先日、Cisco認定資格であるCCNP(Cisco Certified Network Professional) Routing and Switching がアップデートされました。それに伴い、認定コースのカリキュラムに関しても、新項目が追加されています。

 今回はSWITCHコースに新しく追加されました「SDM(Switch Database Management)テンプレート」につきまして、紹介させていただきたいと思います。

 Cisco Catalyst 2960, 3560, 3750などのスイッチにおいては、SDMテンプレートによりCAM・TCAMのリソース割り当てを管理しています。

 例えば、Catalyst 3560の場合、デフォルトのSDMテンプレートでは、L2スイッチング、IPv4ルーティングを実行できますが、IPv6ルーティングに関しては実行できません。Catalyst 3560においてIPv6ルーティングを行いたい場合は、SDMテンプレートを変更して、TCAMのリソースをIPv6ルーティングに割り当てる必要があります。

 それでは、実際にSDMテンプレートの変更手順を紹介していきます。今回は、次のスイッチを用いて説明します。

デバイス:WS-C3560-24PS
IOS:Version 12.2(55)SE9, IPService

 デバイスの型番やIOSのバージョン、フィーチャーセットにより対応の可否は異なりますので、予めご了承ください。

1.SDMテンプレートの確認

 SDMテンプレートを変更する前に、現在のテンプレートをshow sdm preferコマンドで確認します。

C3560#show sdm prefer
 The current template is "desktop default" template.
 The selected template optimizes the resources in
 the switch to support this level of features for
 8 routed interfaces and 1024 VLANs.
  number of unicast mac addresses:                  6K
  number of IPv4 IGMP groups + multicast routes:    1K
  number of IPv4 unicast routes:                    8K
    number of directly-connected IPv4 hosts:        6K
    number of indirect IPv4 routes:                 2K
  number of IPv4 policy based routing aces:         0
  number of IPv4/MAC qos aces:                      0.5K
  number of IPv4/MAC security aces:                 1K

 上記出力より、現在使用しているデフォルトのテンプレート(desktop default)では、リソースはIPv6に割り当てされていません。また、現時点では下記のようにIPv6関連のコマンドをサポートしていないことが確認できます。

C3560(config)#ipv6 ?
% Unrecognized command
2.SDMテンプレートの変更

 SDMテンプレートを変更するには、sdm preferコマンドを実行します。今回はIPv6を有効にしてみたいと思いますので、IPv4/IPv6デュアルスタックのテンプレートを適用します。

C3560(config)#sdm prefer dual-ipv4-and-ipv6 default
Changes to the running SDM preferences have been stored, but cannot take effect until the next reload.
Use 'show sdm prefer' to see what SDM preference is currently active.

 変更したSDMテンプレートを有効にするためには、デバイスを再起動する必要があります。

C3560#reload
System configuration has been modified. Save? [yes/no]: yes
Proceed with reload? [confirm]

 再起動が完了しましたら、再度SDMテンプレートを確認します。

C3560#show sdm prefer
 The current template is "desktop IPv4 and IPv6 default" template.
 The selected template optimizes the resources in
 the switch to support this level of features for
 8 routed interfaces and 1024 VLANs.
  number of unicast mac addresses:                  2K
  number of IPv4 IGMP groups + multicast routes:    1K
  number of IPv4 unicast routes:                    3K
    number of directly-connected IPv4 hosts:        2K
    number of indirect IPv4 routes:                 1K
  number of IPv6 multicast groups:                  1.125k
  number of directly-connected IPv6 addresses:      2K
  number of indirect IPv6 unicast routes:           1K
  number of IPv4 policy based routing aces:         0
  number of IPv4/MAC qos aces:                      0.5K
  number of IPv4/MAC security aces:                 1K
  number of IPv6 policy based routing aces:         0
  number of IPv6 qos aces:                          0.625k
  number of IPv6 security aces:                     0.5K

 上記出力より、SDMテンプレートが変更された(desktop IPv4 and IPv6 default)結果、IPv6ルーティングにリソースが割り当てされていることが確認できます。また、下記のようにipv6 unicast-routingコマンドを用いて、IPv6ルーティングを有効にできます。

C3560(config)#ipv6 unicast-routing
C3560#show ipv6 route
IPv6 Routing Table - Default - 3 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, U - Per-user Static route
       B - BGP, R - RIP, D - EIGRP, EX - EIGRP external
       ND - Neighbor Discovery
       O - OSPF Intra, OI - OSPF Inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
C   2001:DB8:C0F:FEE::/64 [0/0]
     via Vlan1, directly connected
L   2001:DB8:C0F:FEE::1/128 [0/0]
     via Vlan1, receive
L   FF00::/8 [0/0]
     via Null0, receive

 今回はSDMテンプレートの変更の一例として、Catalyst 3560におけるIPv6ルーティングの有効化について紹介いたしました。SWITCHコースにおいては、設定の詳細なオプションや変更時の注意点に関して紹介しています。

 また、CTC教育サービスでは、実機を用いた演習環境をご用意しており、現行のCCNP Routing and Switching対応の各コースを提供してます。資格取得を目指している方、現在のネットワーク構築に求められる機能、設定時の注意点を体系的に学習されたい方など、是非受講をご検討いただければ幸いです。

皆様のご受講を、心よりお待ちしております。

■■■ コースの詳細情報 ■■■  ※価格はメルマガ配信時点の価格です。

N535:ROUTEv2.0(Implementing Cisco IP Routing)
期間:5日間
価格:[バウチャー付]\260,000/[バウチャーなし]\235,000(税抜)

N536:SWITCHv2.0(Implementing Cisco IP Switched Networks)
期間:5日間
価格:[バウチャー付]\260,000/[バウチャーなし]\235,000(税抜)

N537:TSHOOTv2.0(Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks)
期間:4日間
価格:[バウチャー付]\260,000/[バウチャーなし]\235,000(税抜)

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  Microsoft Azure  Docker