IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Java SE 8 プログラミング II

コースコードJTP131 期間3日間 時間09:30~17:00 価格\153,000(税抜き) 主催日本サード・パーティ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードJTP131 期間3日間 時間09:30~17:00
価格\153,000(税抜き) 主催日本サード・パーティ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードJTP131
期間3日間
時間09:30~17:00
価格\153,000(税抜き)
主催日本サード・パーティ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

このコースでは、コレクション・フレームワーク、ファイル入出力、並列処理およびJDBCによるデータベースアクセスなどJavaコアAPIを使ったプログラミングついて学習します。コレクション・フレームワークやスレッド処理、ファイルI/OやNIO.2、およびFork/Joinフレームワークを使用した並列プログラミングやローカライゼーションについて実習を通して学習することができます。

対象者

・開発者
・Java 開発者

前提知識

必要とされる前提コースまたは前提知識
・Java SE 8 プログラミング I

内容

●Java プラットフォームの概要
・Java言語の特長
・Java ME、Java SE、Java EE の違い
・Java コミュニティのオープン性

●抽象クラスおよびネスとされたクラス
・抽象クラスの使用による汎用的なクラスの設計
・抽象クラスおよびサブクラスの構成
・final キーワードの使用
・最上位クラスとネストされたクラスの区別

●インタフェースとラムダ式
・インタフェースの定義
・インタフェース継承およびクラス継承の選択
・インタフェースの拡張
・メソッドの定義
・内部無名クラス
・ラムダ式

●ジェネリクスおよびコレクション
・カスタム・ジェネリクス・クラスの作成
・ダイヤモンド演算子の使用
・ジェネリクスを使用したコレクションの作成
・ArrayList
・TreeSet
・HashMap
・Dequeue
・コレクションの順序付け

●例外およびアサーション
・Java例外の定義
・try 文および throw 文の使用
・catch 句、multi-catch句、finally句の使用
・try-with-resource文の使用
・一般的な例外クラス
・カスタム例外クラスの作成
・アサーションを使用した不変条件のテスト

●Java I/O の基本
・Java における入出力の基本
・コンソールに対するデータの読み取りおよび書き込み
・I/O ストリームを使用したファイルの読み取りおよび書き込み
・シリアライゼーション

●Java ファイル I/O (NIO.2)
・Path を使用したファイル・パスおよびディレクトリ・パスに対する操作
・Files を使用したファイルやディレクトリの削除、コピー、移動

●同時実行性
・オペレーティング・システムのタスク・スケジューリング
・Runnable および Callableを使用したワーカー・スレッドの作成
・ExecutorService によるタスクの同時実行
・発生する可能性があるスレッドの問題の理解
・synchronized および atomic を使用した原子性の確保
・モニター・ロックを使用したスレッドの実行順序の制御
・java.util.concurrentコレクションの使用

●Fork/Joinフレームワーク
・並列処理
・Fork/Joinの必要性
・RecursiveTask

●JDBCを使用するデータベース・アプリケーションの構築
・JDBC API
・JDBC ドライバを使用したデータベースへの接続
・問い合わせの実行と結果の取得
・JDBCドライバ情報の外部からの使用
・JDBC APIを使用したCRUD操作の実行

●ローカライゼーション
・アプリケーションをローカライズする必要性
・ロケールが表すものの定義
・Localeオブジェクトを使用したロケールの読み取りと設定
・各ロケールのリソース・バンドルの作成
・アプリケーションからのリソース・バンドルの呼び出し
・リソース・バンドルのロケールの変更

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。