IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

世界最高レベル、もっとも信頼できる情報セキュリティトレーニング!

【早割】SANS TOKYO :SEC504: Hacker Tools,Techniques, Exploits and Incident Handling[GIAC試験付き]

コースコードNR072 期間6日間 時間09:30~17:30 価格\642,500(税抜き) 主催エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードNR072 期間6日間 時間09:30~17:30
価格\642,500(税抜き) 主催エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードNR072
期間6日間
時間09:30~17:30
価格\642,500(税抜き)
主催エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

このコースは、アタッカーのねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的としています。受講を通じて得られる知識とスキルによってアタッカーより優位な立場に立てるでしょう。

学習目標

・攻撃手法を理解して技術的な対策がとれるようになる。また、インシデントが発生した際にも、被害を最小限に食い止めるためのインシンデントハンドリングが行えるようになる。
・GIAC(GCIH)試験の問題に解答できる。

対象者

・インシデントハンドリングチームに属する方
・システム管理者およびセキュリティ担当者
・エシカルハッカーやペネトレーションテスターで、自らのテスト計画についての基本概念を理解したい方

前提知識

・情報セキュリティに関する基礎知識を有している(SEC401 Security Essentialsの習得者もしくは同程度の知識を有する)
・ネットワーク構築やシステム開発に関する知識を有している

内容

●多くのコンピュータアタッカーが用いる段階的アプローチ
●最新の攻撃ベクトルとそれを阻止する方法
●攻撃の各段階における事前および事後の防御方法
●システムのスキャン、エクスプロイト、防御の実践演習
●攻撃種類別防御戦略およびツール
●Windows、Unix、スイッチ、ルータ、およびその他のシステムへの攻撃と防御
●アプリケーションレベルの脆弱性、攻撃、防御
●インシデントハンドリングプロセスの開発とチームの戦闘準備
●インシデントハンドリングにおける法的な問題
●コンピュータアタックからの回復と事業システムの修復

備考

※早期割引
 早期割引締切日までのお申込みが必要です。

※セミナー受講費用560,000円(税抜)になります。
試験代が別途82,500円(税抜)かかります。

※セミナー開催スケジュール
2017年2月開催 1日目2/20(月) 2日目2/21(火) 3日目2/22(水) 4日目2/23(木) 5日目2/24(金) 6日目2/25(土) 早期割引締切日2016/12/27(火)

※日本語講座・一部日本語教材

※以下の設定を施したノートPCをお持ちください。講義中にOSインストールや各種設定を行っていただく時間はありません。下記URLのPC設定詳細を参考に、設定とテストを講義に先立って済ませておいてください。
http://sans-japan.jp/courses/sec504.html

■SEC504(GCIH)
問題数:150問
受験時間:4時間
言語:英語のみ
試験の注意点:
・セミナー終了後、4か月以内でGIACのマイページから試験の日程をご予約ください。
・試験会場はピアソンVUEの会場になります。
・紙の資料の持ち込みは認められています。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

SANSのコース一覧