IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Solaris 11 ZFS 管理

コースコードOR217 期間4日間 時間09:30~17:00 価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR217 期間4日間 時間09:30~17:00
価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR217
期間4日間
時間09:30~17:00
価格\356,800(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Solaris 11オペレーティング・システムでのZFS機能の管理についてさらに理解を深めるためのものです。ZFS管理に関する高度な概念を、演習を通して学習することができます。

このコースでは、ZFSルート・プールの管理、ZFSアクセス制御リスト(ACL)を使用したデータの保護、ZFS委任管理モデルの実装など、多数の拡張されたテーマやテクノロジを重点的に説明します。

学習目標

・ZFSルート・プールの管理
・Oracle Solaris ZFSコンポーネントの構成および管理
・ZFSプロパティの構成
・ZFS ACLを使用したデータの保護
・ZFS委任管理の使用
・ZFSデータのバックアップおよびリカバリ
・データ管理の計画

対象者

・アーキテクト
・サポート・エンジニア
・システム管理者
・テクニカル・コンサルタント

前提知識

必須スキル:「Oracle Solaris 11 システム管理 I」コース相当

内容

●Oracleのストレージ関連テクノロジとZFSの役割
・ZFS Storage Appliance
・Pillar Axiom テクノロジ
・クラウド・テクノロジ
・COMSTAR テクノロジ
●データ管理の計画
・ビジネス・アプリケーションのデータ・ストレージ
・ZFSルート・プールの管理
・Oracle Solaris ZFSコンポーネントの構成および管理
・ZFSプロパティの構成
・ZFSアクセス制御リストによるビジネス・データの保護
・ZFS委任管理モデル
・ビジネス・データのバックアップおよびリカバリ
●ZFSルート・プールの管理
・ZFSルート・プールを管理する計画の実装
・ZFSスワップ・デバイスおよびダンプ・デバイスの管理
・ZFSダンプ・デバイスのトラブルシューティング
・代替ZFSルート・ファイル・システムからの起動
●Oracle Solaris ZFSコンポーネントの構成および管理
・ZFS階層を構成および管理する計画の実装
・ビジネス・アプリケーション・データのZFSプールの構成
・非大域ゾーンとのZFSファイル・システムの共有
・ZFSデータの暗号化
・ZFSデータの移行
・ZFSコンポーネントのアップグレード
●ZFSプロパティの構成
・ZFSプロパティを構成する計画を実装する
・ZFSストレージ・プール・プロパティを構成する
・ZFSファイル・システム・プロパティを構成する
・非大域ゾーンでZFSプロパティを管理する
●ZFS ACLを使用したデータの保護
・ZFS ACLを使用したデータ保護の計画の実装
・ZFS ACLの構成および管理
●ZFS委任管理の使用
・ZFS委任管理の計画の実装
・ZFS権利プロファイルの構成
・ZFSのdelegationプロパティの有効化および無効化
・ZFSアクセス権の委任
・ZFS委任アクセス権の削除
●ZFSデータのバックアップおよびリカバリ
・ZFSデータのバックアップおよびリストア計画の実装
・スナップショットを使用したZFSデータのバックアップ
・リモートでのZFSデータのバックアップおよびリストア
●ZFSデータ管理の課題
・ZFSデータ管理の課題の確認

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2019年

05月07日(火) ~ 05月10日(金)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:00
【コースコード】 OR217
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。