IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c 実技試験

コースコードOR539 期間2日間 時間09:30~20:30 価格\238,000(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR539 期間2日間 時間09:30~20:30
価格\238,000(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR539
期間2日間
時間09:30~20:30
価格\238,000(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

本試験は、ORACLE MASTER Platinum 12c Oracle Databaseに認定されるための実技試験です。

対象者

・ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c資格保有者

前提知識

・3-4年の Oracle Database 技術者としての経験。
・バックアップ、リストア、リカバリの経験があること。
・SQLに精通していること。
・Linux コマンド言語の実践知識があること。以下、一部抜粋。
 -基本的な OS コマンドの実行
 -ディレクトリ構造の作成とナビゲート
 -コピー、移動および削除を使用したファイル管理
 -Linux 環境でのテキスト編集
 -環境変数の設定
・以下の Oracle モジュールの使用についてのスキル。(ただし、全てを網羅しているわけではない。)
 -RMAN utility
 -Oracle Net Manager
 -Oracle Net Configuration Assistant
 -Oracle Enterprise Manager Database Express
 -Listener Utility
 -OMS
 -Oracle Password Utility
 -Database Creation Assistant (DBCA)
 -DGMGRL
・Oracle Enterprise Manager 12c Cloud Control に精通していること。
・オンラインの Oracle ドキュメントを使いこなすことができること。
・Mozilla ブラウザの使用に習熟していること。

内容

●一般的なデータベースとネットワークの管理
 ・プラガブル・データベースの作成および管理
 ・ユーザー、ロール、権限の管理
 ・ネットワーク環境を構成し、複数のデータベースに接続
 ・データベース構成ファイルの管理
 ・共有サーバーの構成
 ・ネットワーク・ファイル・ディレクトリの管理

●データベースの可用性の管理
 ・EM Cloud Control エージェントのインストール
 ・リカバリ・カタログの構成
 ・RMAN の構成
 ・データベースの全体バックアップ
 ・Flashback Database の構成および監視

●データ・ウェアハウスの管理
 ・データベース・リンクの管理
 ・高速リフレッシュ可能なマテリアライズド・ビューの管理
 ・トランスポータブル表領域の機能を使ってプラグイン表領域の作成
 ・スター・クエリーの最適化
 ・パラレル実行の構成
 ・パッチの適用
 ・自動データ最適化、行アーカイブ、時間的な有効性の構成
 ・外部表の管理

●データの管理
 ・追加のバッファ・キャッシュの管理
 ・LOB データの領域使用の最適化
 ・暗号化された表領域の管理
 ・スキーマ・データの管理
 ・パーティション表の管理
 ・ファイングレイン監査の設定
 ・表の行の旧バージョンを検索できるようなデータベースの構成

●パフォーマンスの管理
 ・Resource Manager の構成
 ・SQL 文のチューニング
 ・Real Application Testing の使用
 ・SQL 計画ベースラインの管理
 ・パフォーマンス統計の収集
 ・インスタンスのチューニング
 ・結果キャッシュの構成と管理
 ・拡張統計の管理
 ・パーティション索引の作成と管理
 ・Oracle インスタンスの CPU 使用の制御
 ・In Memory 機能の構成と管理

●Data Guard
 ・Data Guard 環境の管理
 ・フィジカル・スタンバイ・データベースの作成
 ・スタンバイ・データベースをテスト用途にするための構成
 ・スタンバイ REDO 適用の構成
 ・スタンバイ・データベースをレポート用途にするための構成
 ・ファスト・スタート・フェイルオーバーの構成
 ・Data Guard 環境における DDL の管理

●Grid Infrastructure
 ・Oracle Grid Infrastructure のインストール
 ・ASM ディスク・グループの作成
 ・ASM インスタンスの作成および管理
 ・ASM Cloud Files System (ACFS) の構成
 ・Clusterware の管理
 ・Flex Cluster と Flex ASM の管理

●Real Application Cluster Database
 ・Oracle Database ソフトウェアのインストール
 ・Real Application Clusters (RAC) データベースの作成
 ・データベース・サービスの構成
 ・1ノード もしくは 複数ノード上のO racle RAC Database の管理

関連するコース

開催予定日

2017年

03月30日(木) ~ 03月31日(金)
【価格】 257,040円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~20:30
【コースコード】 OR539
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。