IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

UiPath 公式 速習プログラム・実践

コースコードRPA12 期間2日間 時間09:30~16:30 価格\100,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRPA12 期間2日間 時間09:30~16:30
価格\100,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRPA12
期間2日間
時間09:30~16:30
価格\100,000(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

RPA開発の流れ、開発フェーズ、業務改善手法を理解し、業務フロー図を作成します。その後、業務プロセス定義書テンプレートについて理解し、演習で業務プロセスのワークフローを作成します。

学習目標

・業務プロセス定義書の活用方法を理解する
・メンテナンス性の高いワークロー構成方法論・開発

対象者

・要件定義を行う業務担当者・開発担当者

前提知識

・UiPath公式 速習プログラム 入門レベルの知識をお持ちの方

(関連するコースへのリンク)
スクール環境

・Windows
・UiPath Studio v2018.4
・UiPath公式テキスト

内容

●UiPath速習プログラム 入門(復習)
・RPA開発までの流れ
・RPA開発までのフェーズにて必要なこと
・業務改善手法の基礎
 - 業務フロー図作成のポイント
 - 務フロー図の作成(アナログ)
 - 業務フロー図の作成(デジタル)
●業務プロセス定義書の活用・作成方法
・業務プロセス定義書テンプレートの紹介
・ビジネス例外とアプリケーション例外の違い
・業務プロセス定義書の作成
●メンテナンス性に優れた安定的なワークフロー開発方法
・ワークフロー作成前に骨組みを考える
・共通部品の考え方
・Configファイルの紹介
 - 開発標準書の紹介
 - 開発仕様書の紹介
●演習「経費登録業務」プロセスのワークフロー作成
・ワークフロー内構成説明
・Configファイルの呼び出し方法
・xamlの呼び出し方法
・引数の設定の理解
・[スロー(Throw)]の活用方法
・[トライキャッチ(Try Catch)]の活用方法
・[ログメッセージ(Log Message)]の活用方法

備考

コース内容は変更になることがあります。

関連するコース

開催予定日

2020年

06月11日(木) ~ 06月12日(金)
【価格】 110,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~16:30
【コースコード】 RPA12
【主催】 CTCT

コース一覧

RPAのコース一覧