IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database 12c 導入コース

Oracle Database 12c: インストール&アップグレード

コースコードS603 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\142,800(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードS603 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードS603
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

このコースでは、Oracle Database 12cソフトウェアのインストールに役立つ詳細な内容を学習します。
コンテナ・データベースの作成方法とプラガブル・データベースのプロビジョニング方法を身に付けるとともに既存のOracle DatabaseからOracle Database 12cへのアップグレード方法を学習することができます。

学習目標

・スタンドアロン・サーバ用のOracle Grid Infrastructureのインストールができる
・Oracle Restartを使用したコンポーネントの管理ができる
・既存データベースをOracle Database 12cへアップグレードすることができる
・コンテナ・データベースを作成できる
・Oracle Databaseの作成ができる
・Oracle Database 12cソフトウェアのインストールができる

対象者

・データベース管理者
・ORACLE MASTER Silverの取得を目指す方

前提知識

・Linux OSの基本操作ができる
・「Oracle Databse12c: 管理クイック・スタート」を受講された方、または同等の知識をお持ちの方

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 12c

内容

●Oracle Database 12c概要
・Oracle Database 12cの概要
・Oracle Database アーキテクチャの概要
・Oracle Database インスタンスの構成
・Oracle Database のメモリー構造
・プロセス構造
・データベース記憶域アーキテクチャ
・物理および論理データベース構造
・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの概要
●スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructureのインストール
・スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructureの概要
・Oracle Grid Infrastructureのシステム要件
・Oracle Automatic Storage Management (ASM)用の記憶域の構成
・スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructureのインストール
・スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructureのアップグレード
●Oracle Databaseソフトウェアのインストール
・インストールの計画
・Oracle Databaseのシステム要件
・オペレーティング・システムの準備
・環境変数の設定
・システム要件の確認
・Oracle Universal Installer (OUI)の使用
・サイレント・モードによるインストールの実行
●DBCAを使用したOracle Databaseの作成
・データベースの記憶域構造の計画
・非CDBとCDBの選択
・データベースのタイプ(ワークロードに基づく)
・適切なキャラクタ・セットの選択
・キャラクタ・セットの使用方法の理解
・NLS_LANG初期化パラメータの設定
・Database Configuration Assistant(DBCA)の使用
●Oracle Restartの使用
・Oracle Restartの概要
・Oracle Restartプロセスの起動
・Oracle Restartの制御
・正しいSRVCTLユーティリティの選択
・Oracle Restartの構成
・SRVCTLユーティリティの使用
・SRVCTLユーティリティのヘルプの表示
・SRVCTLユーティリティを使用したコンポーネントの起動
●Oracle Database 12cへのアップグレードの概要
・アップグレード方法
・データ移行の方法
・直接アップグレードをサポートするリリース
・アップグレード・プロセスの概要
・ローリング・アップグレードの実行
・CDBのアップグレード
●Oracle Database 12cへのアップグレードの準備
・テスト計画の作成
・パフォーマンス・テスト
・Oracle Label SecurityまたはOracle Database Vaultを使用するデータベースの要件
・Oracle Warehouse Builderを使用するデータベースの要件
・アップグレード前情報ツールの使用
・データベースのバックアップ
・Oracle Database 12cソフトウェアのインストール
・新しいOracleホームの準備
●Oracle Database 12cへのアップグレード
・Database Upgrade Assistant (DBUA)を使用したアップグレード
・手動によるOracle Database 12cへのアップグレード
・非CDBデータベースのCDBへの移行
●アップグレード後の作業の実行
・統合監査への移行
・手動によるアップグレード後の作業の実行
●Oracle Data Pumpを使用したデータの移行
・Oracle Data Pumpの概要
・Oracle Data Pumpを使用した移行
・ネットワーク・リンクを使用したインポート

備考

この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。