IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

〜問題解決のポイントとインフラ(サーバOS/ネットワーク/ストレージ/仮想化/ファイアウォール/ロードバランサ)の基礎実践!!〜

システムトラブルシュート(ネクストステップ)

コースコードSSE02 期間3日間 時間09:30~17:00 価格\240,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSSE02 期間3日間 時間09:30~17:00
価格\240,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSSE02
期間3日間
時間09:30~17:00
価格\240,000(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

複雑化するシステム環境の全容を把握する事の必要性、トラブルシューティングプロセスなど、システム障害時における問題解決のスキルを豊富な実機環境によるトラブルシュート演習を通して習得します。

学習目標

顧客システムを理解してサーバ(OS)/ネットワーク/ストレージ/仮想化/ファイアウォール/ロードバランサ分野における原因究明や切り分けなど基本的な問題解決ができる。

対象者

システムの運用管理を担当している方、および今後運用管理を担当する方

前提知識

・「SSE01 システムトラブルシュート(ファーストステップ)」受講済の方
・ドメイン環境におけるWindowsサーバー構築、管理の知識
 (「P675 Microsoft Windows Server 2016 ファーストステップ」受講済みが望ましい)
・Linuxの操作経験、Linuxシステム管理の基礎知識
 (「LI30 Linux入門」「LI32 Linuxシステム管理」「LI33 Linuxネットワーク管理」受講済みが望ましい)
・Cisco社ルーター、スイッチにおけるルーティング、ネットワーク冗長化等の設定知識
 (CCNAを取得しており、さらに「N535 ROUTE」および「N536 Switch」受講済みが望ましい)
・NetApp社ストレージ製品(FAS2500シリーズ)の基本的な運用管理知識
 (「IT400 システム・仮想基盤構築トレーニング(ストレージ分野)」受講済が望ましい)
・VMware社ハイパーバイザー製品(vSphere)の基本的な運用管理知識
 (「IT300 システム・仮想基盤構築トレーニング(仮想化分野)」または「VM61 VMware vSphere: Install,Configure,Manage[V6.0]」受講済が望ましい)
・Juniper社ファイアウォール製品(SRX)の基本的な運用管理知識
 (「NS41 Junos Basic」および「NS43 SRX Basic」受講済が望ましい)
・F5社ロードバランサ製品(BIG-IP)の基本的な運用管理知識
 (「IT600 システム・仮想基盤構築トレーニング(ロードバランサ分野)」受講済が望ましい)

スクール環境

・Cisco ルーター、スイッチ
・Windows Server 2012 R2
・Linux(CentOS)
・ロードバランサ(F5社BIG-IP Local Traffic Manager)
・ファイアウォール(Juniper社SRXシリーズ)
・ストレージ(NetApp社FAS2500シリーズ)

内容

●ファーストステップコースの振り返り
・ITシステムを取り巻く環境
 現在のIT環境トレンドをご紹介した上で、システムサポートエンジニアに必要とされるスキルを明確にします。
・システムトラブルシュートの基礎知識
 弊社の運用管理者が実際に行っているトラブルシュート全体の流れを学習します。
・ウォーミングアップ実機演習
 ファーストステップコースで学習したサーバOSやネットワークに起因する障害に対してトラブルシュートを行い知識のリマインドをします。
●仮想化システムのトラブルシュート
・トラブルシュートのための情報収集とログ解析について学習します。 また基本的なトラブルシュート演習を実施します。
●ストレージのトラブルシュート
・トラブルシュートのための情報収集とログ解析について学習します。 また基本的なトラブルシュート演習を実施します。
●ファイアウォールのトラブルシュート
・トラブルシュートのための情報収集とログ解析について学習します。 また基本的なトラブルシュート演習を実施します。
●ロードバランサのトラブルシュート
・トラブルシュートのための情報収集とログ解析について学習します。 また基本的なトラブルシュート演習を実施します。
●総合演習(トラブルシュート実践)
・インフラ全体に影響する複雑な障害に対してトラブルシュートを行い原因の特定をします。

※ すべての演習はグループ(2名ペア)で実施します

備考

※ CTCTオリジナルコース
※ コース内容は、予告なく変更となる場合がございます

関連するコース

開催予定日

2018年

08月29日(水) ~ 08月31日(金)
【価格】 259,200円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:00
【コースコード】 SSE02
【主催】 CTCT