IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

研修コースをレベルから探す

レベルから探す

基礎から設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(OS分野)

OS分野について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:各プラットフォームにおいての一般ユーザレベルの操作ができることを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
基礎から拡張性を考慮した知識の習得まで ITスペシャリスト育成(クラウド/仮想化分野)

クラウド/仮想化分野について、3つのレベルからコースが探せます。
レベル1:クラウド/仮想化についての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識を習得することを目標とする
レベル3:下位レベルの知識をベースとして、経験者向けに可用性、拡張性を考慮した設計をするための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
基礎から大規模なネット―ワークの計画まで ITスペシャリスト育成(ネットワーク分野)

ネットワーク分野について、Cisco、Juniper、ネットワーク基礎、無線LANに分けてご紹介。
各レベルの説明は、コースフローからご確認ください。

コースフローをダウンロード
基礎から高度な設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(データベース分野)

データベース分野について、3つのレベルからコースが探せます。
レベル1:データベースついての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識の習得することを目標とする(ORACLE MASTER Bronze/Silver相当)
レベル3:下位レベルの知識をベースとして、より高度な設計・構築の作業やトラブルシュートをするための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
セキュリティの基礎から設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(セキュリティ分野)

セキュリティ分野について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:セキュリティやファイアウォールについての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築の作業するための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
プログラミングの基礎からプロジェクト参画のための知識の習得まで ITスペシャリスト育成(言語/開発分野)

言語/開発分野(Ruby / Ruby on Rails / Python)について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:プログラミングの基礎知識を理解し、開発を行うためのベースを理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、開発プロジェクトに参画するのための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
危険予知の基礎からマネージャーとしての知識の習得まで ヒューマンエラー防止(危険予知)

危険予知について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:危険予知の基本的な知識を学習し、危険を予知する感性を磨くことを目標とする
レベル2:マネージャーとして、メンバーにKY活動を働きかけ、有効性について小規模グループに影響力を発揮することを目標とする

コースフローをダウンロード