IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

Ruby on Rails 海外事情コラム

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   OpenStack  OpenFlow/SDN  情報セキュリティ  Python  システムトラブルシュート 

第17回 2017年のRuby on Rails系カンファレンス情報 (野田貴子) 2017年5月

みなさまこんにちは。
今年もRuby on Railsのカンファレンスやイベントが多数企画されていますね。海外まで出向いて参加することは難しくても、カンファレンスが終わればネット上にレポートが公開されますので、機を見てブログを検索してみると新しい発見があるかもしれません。
2017年に開催される世界のカンファレンスのうちの11個を海外ブログ(*1)より引用しますので、参考にしていただければと思います。

1. Ruby Conf India
場所:インド コーチ 日付:1月27~29日
グローバルなイベントで、世界中のRubyConfイベントやカンファレンスを補います。このイベントではRubyの言語、フレームワーク、ツールにフォーカスしたひとつのトラックが二日に渡って実施されます。

2. RubyFuza
場所:南アフリカ ケープタウン 日付:2月2~4日
アフリカトップのカンファレンスです。これまでと同様に、素晴らしいトーク、人々、そしてパーティーに注目が集まるでしょう。

3. Ruby devroom at FOSDEM
場所:ベルギー ブリュッセル 日付:2月3~4日
オープンソースプロジェクトや、それを実装するRuby言語界隈の開発者向けイベントです。Ruby言語の現状、今後の機能、課題や利点、さまざまなVMの技術と有効性、Ruby言語の適合性を証明するツールや実践について話し合われます。

4. wroc_love.rb
場所: ポーランド ヴロツワフ 日付:3月17~19日
このイベントの主目的は、Rubyプロフェッショナルの仕事をより良くするための手助けをすることです。

5. Ruby Conf AU
場所:オーストラリア メルボルン 日付:2月9~10日
今年5回目になるこのイベントはRubyの最高峰としてオーストラリアで役立っています。Ruby Australiaの傘下に組織され、最高のRubyマインドを結集してアイデアを共有し、社会的な活動をしています。

6. RubyConf Philippines
場所:フィリピン ボホール 日付:3月16~18日
ボホールの美しい島の近くで開催され、カンファレンス会場はビーチフロントのホテルになります。

7. RubyHACK
場所:ユタ州 ソルクレイトシティ 日付:4月20~21日
指導、ホワイトボード、ミーティング、コラボレーション、プレゼンテーションなどのハックについて、ひとつのトラックが実施されます。

8. RailsConf
場所:アリゾナ州 フェニックス 日付:4月25~27日
世界最大規模のRailsデベロッパー向けカンファレンスです。このイベントの目的は、Railsアプリケーションの構築、管理、テストについてさらに深く議論することです。

9. RuLu(Ruby Lugdunum)
場所:フランス リヨン 日付:6月22~23日
2日間にわたるカンファレンスで、Ruby言語とRubyの素晴らしいコミュニティを探求しています。

10. RedDotRubyConf
場所:シンガポール 日付:6月22~23日
東南アジア最大のRubyカンファレンスで、2日間のシングルトラックイベントです。地元の人々や国際的に有名なスピーカーが集まります。

11. EuRuKo
場所:ハンガリー ブダペスト 日付:9月29~30日
2003年から開催されている欧州Rubyカンファレンスです。EuRuKoは毎年Rubyistasの別グループによって企画されています。

残念ながら日本で開催されるイベントは取り上げられていませんでした。日本でも英語で開催されるイベントがありますので、興味のある方は検索してみてはいかがでしょうか。もちろん日本語で開催されるイベントも大小たくさんあります。
技術イベントに限ったことではないのですが、私個人はまず最初に大規模なイベントに参加してボッチ感を隠しつつ雰囲気をつかみ、その次に勇気を出して小規模なイベントに参加する傾向があります。多少なりと知人ができてくると、楽しさも増して相乗効果が上がりますよね。
それではよいRailsライフを!

*1 https://www.bacancytechnology.com/blog/11-top-ruby-on-rails-conferences-2017

協力:DIVE INTO CODE株式会社 野呂浩良
https://diveintocode.jp/

 


 

Ruby開発に強いTRANSNET
Ruby開発に強いトランスネットが運営する「Ruby開発・事例サイト」
  • 20以上のRuby開発の事例・提案書を公開中
  • 毎月公開されるテクニカルコラムも好評連載中
  • Rubyエンジニアも常時募集中です!

 [IT研修]注目キーワード   OpenStack  OpenFlow/SDN  情報セキュリティ  Python  システムトラブルシュート