IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

オブジェクト指向を現場で活かす設計原則入門

コースコードMZ29 期間2日間 時間10:00~17:00 価格\100,000(税抜き) 主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードMZ29 期間2日間 時間10:00~17:00
価格\100,000(税抜き) 主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードMZ29
期間2日間
時間10:00~17:00
価格\100,000(税抜き)
主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

オブジェクト指向設計のメリットである「拡張性」や「再利用性」を享受するために考えるべき、11の設計原則を学びます。個別の設計原則を学んだ後、設計原則を複数適用して設計をする総合演習を実施します。このことにより、実践で活かすことのできるスキルを身に付けることができます。

内容

1日目
形式:講義+演習(個人)
●ソフトウェア設計における問題
悪い設計とその設計によってどのような影響がでるのかを知り、なぜそのような設計になってしまったのかを学びます。
・設計を改善するためのオブジェクト指向
・オブジェクト指向設計が生み出す新たな問題
●変更に強いクラス構造を設計する
クラス、インターフェースの凝集度を高め、結合度を下げるための原則を学びます。
・変更に強いクラス構造を設計するには
・単一責任の原則
・開放/閉鎖の原則
・リスコフの置換原則
・依存関係逆転の原則
・インターフェイス分離の原則
・クラス構造の設計原則間の関係性

2日目
●再利用性に強いパッケージ構造を設計する
パッケージの作成、相互作用、利用方法に関する原則を学びます。
・再利用しやすいパッケージ構造を設計するには
・再利用・リリース等価の原則
・全再利用の原則
・閉鎖性共通の原則
・非循環依存関係の原則
・安定依存の原則
・パッケージ構造の活用ポイント
●総合演習:クラス構造、パッケージ構造を適用する演習
クラス構造、パッケージ構造を適用する演習を通して講座内容を確認することができます。

備考

※本コースは2019年4月〜6月の開催はございません。
 2019年7月以降の日程に関しましては、決まり次第掲載させていただきます。
 ご了承の程お願いいたします。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。