IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

SANS Secure Japan 2018 :ICS410: ICS/SCADA Security Essentials [講義のみ]

コースコードNR129 期間5日間 時間09:30~17:30 価格\590,000(税抜き) 主催NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードNR129 期間5日間 時間09:30~17:30
価格\590,000(税抜き) 主催NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードNR129
期間5日間
時間09:30~17:30
価格\590,000(税抜き)
主催NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

SANSは、国の重要インフラを守るために必要なサイバーセキュリティのスキルを、セキュリティプロフェッショナルと制御システムエンジニアに習得してもらうため、産業界のリーダーたちと協力して活動を行っています。本コースは、産業分野におけるサイバーセキュリティ専門家向けの標準的な基礎知識とスキルを身につけていただくコースです。産業用制御システムの保守に関わっている方が、運用している環境を安全かつセキュアに、そして既知の脅威や新しいサイバー攻撃に対抗できるように訓練することに焦点をあててカリキュラムが組み立てられています。

本コースでは次のことを身につけていただきます。
1.産業用制御システムのコンポーネント、目的、デプロイメント、重要なドライバー、制約条件の理解
2.ラボセッションによる制御システムへの攻撃対象領域への理解や、攻撃手法、攻撃ツールの体験
3.制御システム分野におけるシステムとネットワーク防御のアーキテクチャ、アプローチ方法
4.制御システム環境におけるインシデントレスポンス能力
5.産業用制御システムのサイバーセキュリティ専門家に向けたガバナンスモデルとリソース

対象者

・IT(オペレーショナル・テクノロジー・サポート含む)
・ITセキュリティ(オペレーショナル・テクノロジー・セキュリティ含む)
・エンジニアリング
・企業、業界、専門家のスタンダード

内容

●ICSの歴史
●ICSの概要
●ICSアプリケーション概要
●産業モデル
●HMIへの攻撃
●制御サーバーへの攻撃
●ネットワーク通信への攻撃
●遠隔装置への攻撃
●ICSサーバーとICSワークステーションのテクノロジー
●ICSサーバーOS
●ICSシステムのハードニング   など

備考

※セミナー受講費用590,000円(税抜)になります。

※セミナー開催スケジュール
2018年2月開催 1日目2/19(月) 2日目2/20(火) 3日目2/21(水) 4日目2/22(木) 5日目2/23(金) 最終申込締切日2/5(月)

※講義時間 9:30〜17:30

※同時通訳付き(コース、テキストは英語になります)

※以下の設定を施したノートPCをお持ちください。講義中にOSインストールや各種設定を行っていただく時間はありません。下記URLのPC設定詳細を参考に、設定とテストを講義に先立って済ませておいてください。
 https://sans-japan.jp/secure_japan2018/ics410.html

関連するコース

開催予定日

2018年

02月19日(月) ~ 02月23日(金)
【価格】 637,200円(税込)
【期間】 5日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 NR129
【主催】 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

SANSのコース一覧