IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle WebLogic Server 12c: 管理 I

コースコードOR035 期間5日間 時間09:30~17:30 価格\357,000(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR035 期間5日間 時間09:30~17:30
価格\357,000(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR035
期間5日間
時間09:30~17:30
価格\357,000(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

このコースでは、Oracle WebLogic Server 12cのアーキテクチャや背景となる技術を理解するとともに、Oracle WebLogic Server 12cの構成および運用管理タスクを体系的に学習します。コースでは管理コンソールやコマンドラインツール(WLST)などを使用してドメインを構成する方法やJava EEアプリケーションをサーバーにデプロイする方法についても説明します。さらに、Oracle WebLogic ServerのプロキシとしてOracle HTTP Serverを設定し、WebLogic Serverクラスタによるアプリケーションのフェイルオーバーとロードバランシングをサポートする方法など、環境構築に必要なスキルとWebLogic Serverのモニタリングやログ情報の収集など運用に必要なスキルを実機演習を通して習得できます
<学習内容>
・Oracle WebLogic Serverのインストール
・Oracle WebLogic Serverの構成
・Oracle WebLogic Serverの管理
・ドメイン・リソースのモニタリング
・アプリケーションのデプロイメント
<このコースの利点>
このコースで習得した技術を活用することで、企業向けアプリケーションを稼働させるアプリケーション・サーバーのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させることができます。また、デプロイメント・タスクを簡素化する機能により、アプリケーション更新の時間を大幅に短縮することが可能になります。
<Oracle WebLogic Server運用管理に必須の管理タスク>
このコースでは、Oracle WebLogic Server運用・管理者にとって不可欠な管理タスクについて扱っています。これらのタスクには、ドメインの作成、サーバーの起動、ドメイン・リソースの監視、ノード・マネージャの設定と使用、アプリケーションのデプロイ、データベース・リソースの構成、クラスタの構成などがあります。

学習目標

・WebLogic Serverの認証プロバイダの構成
・WebLogic Serverへのアプリケーションのデプロイメント
・WebLogic Serverドメインのバックアップ・リカバリ
・WebLogic Serverドメインの作成
・WebLogic Serverドメインの構成とモニタリング
・データベース接続のためのWebLogic Serverリソースの構成
・WebLogic Server クラスタの作成と構成
・Oracle WebLogic Server 12cのインストール

対象者

・テクニカル管理者
・Java EE開発者
・システム管理者

前提知識

<推奨される前提コースまたは前提知識>
・基本的なLinux OSの操作ができること
<推奨される次コース>
・Oracle WebLogic Server 12c: JMS Administration
This WebLogic Server training gives you the skills to create and administer JMS resources on both standalone servers and clusters. You will also learn how to monitor,tune,and troubleshoot WebLogic's JMS infrastructure.
・Oracle WebLogic Server 12c: Administration II
This Oracle WebLogic Server 12c course trains administrators how to perform important Oracle WebLogic Server administrative tasks. It is a continuation of the Oracle WebLogic Server 12c: Administration I course.
・Oracle WebLogic Server 11g: Diagnostics and Troubleshooting
This Oracle WebLogic Server 11g: Diagnostics and Troubleshooting training teaches experienced Oracle WebLogic Server administrators the methodologies and tools to troubleshoot common technical issues. Learn to identify the symptoms & causes of typical problems.

内容

●WebLogic Server概要
・WebLogic Server用語
・WebLogic Serverツールのリストアップ
・基本的なWebLogic Serverアーキテクチャ
●WebLogic Serverのインストールとパッチ適用
・サポートされる構成
・WebLogic Server 12cのインストール
・WebLogic Serverへのパッチの適用
●ドメインの作成
・ドメイン構成
・構成ウィザードを使用したドメインの作成
・ドメイン作成時のドメイン・リソースの構成
・別のコンピュータへのドメインの移動
●サーバーの起動
・標準スクリプトによるサーバーの起動および停止
・起動に失敗する場合の対処
・標準の起動スクリプトのカスタマイズ
●管理コンソール
・管理コンソールへのアクセス
・管理コンソールを使用したサーバーの作成および構成
●JDBCの構成
・汎用データソースの構成
・GridLinkデータソースの構成
・基本的なデータソース(接続プール)のチューニング
●ドメインの監視
・サーバー・ログの構成とアクセス
・デバッグ出力の有効化
・サーバーのヘルスとパフォーマンスの監視
・JDBCデータソースの監視
・監視ダッシュボードを使用した診断チャートの表示
●ノード・マネージャ
・ノード・マネージャとは
・WebLogic Serverマシンの構成
・ノード・マネージャの構成と起動
・ノード・マネージャによるWebLogic Serverの起動
●アプリケーションのデプロイ
・WebLogic Serverへのアプリケーションのデプロイ
・デプロイされたアプリケーションのテスト
・デプロイされたアプリケーションの監視
・WebLogic Serverのストレス・テスト
●クラスタ
・WebLogic Serverクラスタの計画
・WebLogic Serverクラスタの作成と構成
・WebLogic Server動的クラスタの作成と構成
・WebLogic ServerクラスタのプロキシとしてのOracle HTTP Serverの構成
・クラスタのデバッグ
●トランザクション
・WebLogic Serverのトランザクション・アーキテクチャ
・トランザクション永続ストアとしてのデータベースの使用
●WebLogic Serverセキュリティ
・WebLogic Serverセキュリティ・アーキテクチャ
・外部LDAP製品のWebLogic認証プロバイダとしての構成
●ドメインのバックアップとリカバリ
・WebLogic Serverドメインのバックアップ
・WebLogic Serverドメインの回復

関連するコース

開催予定日

2018年

01月22日(月) ~ 01月26日(金)
【価格】 385,560円(税込)
【期間】 5日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR035
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

Oracleのコース一覧