IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Solaris 11 ゾーン管理

コースコードOR221 期間4日間 時間09:30~17:00 価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR221 期間4日間 時間09:30~17:00
価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR221
期間4日間
時間09:30~17:00
価格\356,800(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Solarisゾーンのサーバー仮想化テクノロジの管理に必要なスキルおよび知識を中心に習得する上級コースであり、データセンターのサーバー仮想化タスクの計画および実行を担当するITアーキテクトおよびシステム管理者を対象としています。受講者は、エンタープライズ環境でサーバーの仮想化を実現する計画を様々な側面から検証します。
コースを通して、受講者は一連の解説付きの実践的な演習を行い、サーバーおよびネットワークの仮想化アクティビティに関連する重要なタスクを体験することによって、サーバーの仮想化を学習します。演習では、Oracle Solarisゾーンのサーバー仮想化テクノロジを配備する場合のベスト・プラクティスを示す事例も扱います。このコースでは、Oracle Solaris 11オペレーティング・システムに実装されているゾーン管理について学習します。受講者がOracle Solaris 11の管理に必要なスキルおよび知識をすでに持っていることを前提としています。

学習目標

・Oracle Solarisゾーンのサーバー仮想化テクノロジの配備計画の作成
・Oracle Solarisゾーンのサーバー仮想化テクノロジに関連するベスト・プラクティスの理解
・Oracle Solarisゾーンのサーバー仮想化の構成および配備
・Oracle Solarisゾーンの管理
・Oracle Solarisゾーンのリソース使用率の監視
・パフォーマンスの最適化のためのOracle Solarisゾーンの調整
・Oracle Solarisゾーンに関連する問題のトラブルシューティング

対象者

・サポート・エンジニア
・セールス・コンサルタント
・アーキテクト
・システム管理者

前提知識

<前提知識>
・Solarisオペレーティング・システムの2年以上の使用経験

<前提コース>
・Oracle Solaris 11 システム管理 II NEW

内容

●Oracle Solaris 11の仮想化テクノロジ
・データセンターでの仮想化
・Oracle Solaris 11の仮想化テクノロジ
・Oracle Solaris 11、仮想化およびクラウド
●Oracle Solarisゾーンの紹介
・Oracle Solarisゾーンの利点
・Oracle Solarisゾーンのしくみ
・Oracle Solarisゾーンの管理ユーティリティ、デーモンおよびサービス
・Oracle Solarisゾーンを使用したサーバー仮想化計画
●Oracle Solarisゾーンの構成
・非大域ゾーンの構成の概要
・非大域ゾーンの構成操作
・非大域ゾーンのインストール、起動および停止処理
・不変ゾーン
●自動インストールによるゾーンの配備
・非大域ゾーンを構成するためのAIサービスのカスタマイズ
・AIによるリモート・ホストでの非大域ゾーンの配備
●Oracle Solarisシステムおよびゾーンの移行
・Oracle Solaris の移行の概要
・Oracle Solaris 11ゾーンからOracle Solaris 11ゾーンへの移行
・Oracle Solaris 10ゾーンから Oracle Solaris 11 solaris10ブランド・ゾーンへの移行 (V2V)
・Oracle Solaris 10システムからOracle Solaris 11 solaris10ブランド・ゾーンへの移行 (P2V)
●Oracle Solaris ゾーンの管理
・ゾーンのSMFサービスの管理
・ゾーンの管理者の委任
・非大域ゾーン内のパッケージの管理
・非大域ゾーンのクローニング
・非大域ゾーンの移動
・非大域ゾーンのネットワークの管理
・非大域ゾーンのストレージの管理
・ゾーンの環境のバックアップおよび復元
●ゾーンのリソースの管理
・Oracle Solaris 11のリソース管理
・プロジェクトおよびタスク
・リソース制御
・プロセス・スケジューリング
・リソース・プール
・リソース上限制御
・ゾーン規模のリソース制御
●Oracle Solarisゾーンの監視およびトラブルシューティング
・拡張アカウンティング機能
・非大域ゾーンのリソース消費の監視
・Oracle Solarisゾーンのトラブルシューティング

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2019年

05月07日(火) ~ 05月10日(金)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:00
【コースコード】 OR221
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。