IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database 12c: RAC 管理

コースコードOR532 期間4日間 時間09:30~17:30 価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR532 期間4日間 時間09:30~17:30
価格\356,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR532
期間4日間
時間09:30~17:30
価格\356,800(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

このコースでは、Oracle Database 12c における RAC データベース管理について学習します。RAC アーキテクチャの理解、RAC データベースの構成方法、マルチテナント環境での RAC データベースの管理に加えて、バックアップ・リカバリや RAC 環境での高可用性について学習することができます。また、グローバル・リソースの管理およびキャッシュ・フュージョンについても説明します。

このコースの学習内容を活用することで、高性能、高信頼性、かつ安全で管理が容易なデータベース環境を実現することでデータベース・クラウドへの統合を可能にします。この結果、データベースのワークロードを最適化し、ITコストを低減しながら高品質なサービスを提供することができます。

学習目標

・RAC環境における UNDO 表領域の定義
・グローバル・キャッシュのコーディネーション
・グリッド・プラグ・アンド・プレイのクラスタウェアへの影響
・Oracle Clusterware のアーキテクチャ
・Oracle RAC の特長
・グローバル・リソースの必要性
・クラスタの原理と使用目的の理解
・Oracle Database ソフトウェアのインストール
・RAC 環境の初期化パラメータの変更
・データベース作成後のタスクの実行
・RACデータベースおよびインスタンスの起動と停止
・RAC 環境用の RMAN の構成
・ARCHIVELOG モードおよび高速リカバリ領域を使用するための RAC データベースの構成
・単一インスタンスからRACへの変換
・クラスタ・データベースの作成
・RAC 環境における REDO ログ・ファイルの定義

対象者

・管理者
・データベース管理者

前提知識

・Oracle Database 11g R2 に関する十分な理解があること (Clusterware, ASMおよび RAC を含む)
・Oracle Database 12c: Clusterware Administration
・Oracle Database 12c: ASM Administration

スクール環境

・Oracle Database 12c

内容

●Grid Infrastructureの概要と確認
・クラスタの概要
・Flex Cluster の概要
・クラスタウェアの特性
・Oracle Clusterware
・ハードウェアとソフトウェアの概念

●RAC データベースの概要とアーキテクチャ
・Oracle RAC の概要
・RAC One Node
・クラスタを認識する記憶域ソリューション
・RAC を使用する利点
・スケールアップおよびスピードアップ
・均衡化された I/O スループット
・グローバル・リソース
・RAC および Flex ASM

●Oracle RAC のインストール
・Oracle RAC のインストールおよび構成
・インストール・オプション
・クラスタ・データベースの作成
・インストール後のタスク
・単一インスタンスから RAC への変換
・失敗したインストールのクリーンアップ

●Oracle RAC 管理
・パラメータと RAC - SPFILE、同一および一意のパラメータ
・インスタンスの起動、停止および静止
・UNDO表領域
・REDOスレッド
・Enterprise Managerのクラスタ・データベース・ページの使用
・RAC アラート
・RAC メトリック
・RACインスタンスのセッション管理

●Oracle RAC のアップグレードおよびパッチ適用
・アップグレードおよびパッチの概要
・リリースおよびパッチセット更新 (PSU)
・PSU, CPU および個別パッチ
・ローリング・パッチ
・データベースのアウトオブプレース・アップグレード
・opatchユーティリティを使用したパッチのインストール

●RACのバックアップおよびリカバリ
・RAC でのインスタンスの障害およびリカバリ - LMON と SMON
・REDO スレッドおよびアーカイブ・ログの構成および管理
・パラレル・リカバリおよび MTR に影響するパラメータ設定
・RAC と高速リカバリ領域
・RMAN 構成
・RAC用のRMAN 管理: チャネル、インスタンス、バックアップの分散
・RACでのRMANリストアおよびリカバリの考慮事項

●RAC のグローバル・リソース管理およびキャッシュ・フュージョン
・グローバル管理のリソースと管理
・ライブラリ・キャッシュ管理
・行キャッシュ管理
・バッファ・キャッシュ・フュージョン
・バッファ・キャッシュ管理の要件
・RACの単一ブロックへのアクセス
・RACでのマルチブロック読み取りの考慮事項
・RACでの UNDO および読み取り一貫性の考慮事項

●RAC の監視およびチューニング
・OCPU および待機時間
・RAC の待機イベント
・RAC の一般的なチューニング
・セッション統計およびシステム統計
・RAC固有の V$ ビュー
・RACにおける自動データベース診断モニター

●RAC環境でのサービスの高可用性管理
・Oracle サービス
・ポリシー管理データベースと管理者管理データベースのサービス
・サービスの作成
・サービスの管理
・クライアント・アプリケーションでのサービスの使用
・サービスおよび接続ロード・バランシング
・サービスおよび透過的アプリケーション・フェイルオーバー
・サービスおよびリソース・マネージャ

●接続の高可用性管理
・ワークロード分散のタイプ
・クライアント側のロード・バランシング
・サーバー側のロード・バランシング
・実行時接続ロード・バランシングおよび接続プール
・高速アプリケーション通知
・ロード・バランシング・アドバイザのFANイベント
・サーバー側のコールアウト
・サーバー側の ONS 構成

●アプリケーション・コンティニュイティ (AC)
・AC の概要
・解決される問題
・AC の利点
・AC の仕組み
・AC のアーキテクチャ
・副作用
・制限
・アプリケーション要件

●Quality of Service Management
・QOS Management の概念
・QoS Management を使用する利点の説明
・QoS Management コンポーネント
・QoS Management の機能

●RAC One Node
・RAC One Node の概念
・オンライン・データベースの移行
・既存のクラスタへの Oracle RAC One Node データベースの追加
・Oracle RAC One Node データベースの RAC データベースへの変換
・Oracle RAC データベースの RAC One Node データベースへの変換
・DBCA を使用した単一インスタンス・データベースの RAC One Node データベースへの変換

●高可用性の設計
・計画済および計画外の停止時間の原因
・停止時間に対する Oracle のソリューション
・RAC と Data Guard
・最大可用性アーキテクチャ (MAA)
・ファスト・スタート・フェイルオーバー
・Hardware Assisted Resilient Data (HARD)
・データベースの高可用性の最良の方法
・可用性を重視するRAID構成

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2017年

10月10日(火) ~ 10月13日(金)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR532
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

2018年

03月19日(月) ~ 03月23日(金)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR532
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

その他の開催日程をお探しですか?

下記のコースは、当コースと同等内容になります。
※当コースと内容が異なる場合があります。コース名をクリックして、コース内容をご確認の上、お申し込みください。

2017年

コース名:Oracle Database 12c: RAC 管理
10月30日(月) ~ 11月02日(木)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 STI532
【主催】 アイスタディ株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース名:Oracle Database 12c: RAC 管理
12月25日(月) ~ 12月28日(木)
【価格】 385,344円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 STI532
【主催】 アイスタディ株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。