IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat OpenStack Administration I

コースコードRHC110 期間5日間 時間09:30~17:30 価格\220,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHC110 期間5日間 時間09:30~17:30
価格\220,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHC110
期間5日間
時間09:30~17:30
価格\220,000(税抜き)
主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Red Hat OpenStack Administration I は、Red Hat OpenStack® Platform によるクラウドコンピューティング環境の導入を検討しているシステム管理者向けに設計されています。
コースの重点は、Horizon ダッシュボードとコマンドライン・インタフェースを使用して OpenStack を管理する方法と、インスタンスの管理に置かれています。

尚、このコースはRed Hat OpenStack Platform 10に基づいています。

学習目標

・プライベートOpenStackクラウドのインスタンスの起動とカスタマイズを理解する。
・Horizon Webインターフェイスを使用して、compute、network、およびstorageのOpenStackサービスを管理する方法を理解する
・コマンドラインインターフェイスを使用した、主要なOpenStackサービスを管理方法を理解する。
・PoC(proof-of-concept)のためのOpenStackデプロイメントのインストールの理解

対象者

・Linux のシステム管理者およびクラウド管理者で、プライベートクラウドのメンテナンスに関心のある方、または担当者の方

前提知識

・RHCSA認定資格を保有している方または、同等の経験を有している方

スクール環境

・Red Hat OpenStack10

内容

●企業の OpenStack デプロイの管理
●OpenStack 内部の通信の管理
●イメージの作成とカスタマイズ
●ストレージの管理
●仮想ネットワークインフラストラクチャの管理とトラブルシューティング
●回復力のあるコンピューティングリソースの管理
●OpenStack まわりの障害への対処
●クラウドメトリックの監視と自動スケーリングへの活用
●デプロイのオーケストレーション

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。
・アカウント確認方法
RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japanよりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

関連するコース

開催予定日

2019年

02月04日(月) ~ 02月08日(金)
【価格】 237,600円(税込)
【期間】 5日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 RHC110
【主催】 レッドハット 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

OpenStackのコース一覧