IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat OpenStack Administration I

コースコードRHC110 期間4日間 時間09:30~17:30 価格\176,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHC110 期間4日間 時間09:30~17:30
価格\176,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHC110
期間4日間
時間09:30~17:30
価格\176,000(税抜き)
主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Red Hat OpenStack Administration Iは、Red Hat OpenStack® Platform を使用してクラウドコンピューティング環境を実装することを検討しているシステム管理者を対象としています。

このコースは、Red Hat OpenStack Platform 8 に基づくものです。

このコースでは、Red Hat OpenStack Platform のPoCのために設定、使用、保守について学びます。このコースでは、ID サービス(Keystone)、ブロックストレージ(Cinder)、イメージ管理(Glance)、ネットワーキング(Neutron)、コンピューティングおよびコントローラー(Nova)、ダッシュボード(Horizon)のコアサービスを扱っています。

学習目標

・OpenStackクラウドのインスタンスの起動とカスタマイズが行える

・HorizonのWebインターフェイスを使用した、コンピューティング、ネットワーク、およびストレージ等のOpenStackの主要サービスを管理方法を理解する

・機能検証(PoC)のためのOpenStackのインストールが行える

・コマンドラインインターフェイスを使用したOpenStackのサービスを管理を理解する

対象者

・プライベートクラウドの管理に興味もしくは責任を持つLinuxシステム管理者およびクラウド管理者

前提知識

・Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定または同等の経験が必要

・RHCSA をまだ取得していない方は、必要なスキルと知識が身に付いているかどうかをオンラインスキルチェックで確認可能

スクール環境

・Red Hat OpenStack8

内容

●インスタンスの起動
●プロジェクトとユーザーの管理
●プロジェクトのクォータの管理
●フレーバーの管理
●イメージの管理
●ネットワークの管理
●フローティングIPアドレスの管理
●ブロック・ストレージの管理
●セキュリティとアクセスの管理
●Horizonによるインスタンスの管理
●PackStackを使用したOpenStackのインストール
●コマンドラインインターフェイスを使用したKeystoneアイデンティティサービスの管理
●コマンドラインインターフェイスによるインスタンスの起動の準備
●コマンドラインインターフェイスによるインスタンスの管理
●コマンドラインインターフェイスによるブロック・ストレージの管理
●Red Hat OpenStack Administration Iのまとめ

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

OpenStackのコース一覧