IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

DO-DOFD

DevOps Foundation

コースコードTOC504 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\110,000(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC504 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\110,000(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC504
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\110,000(税込)
主催Top Out Human Capital株式会社

コース内容

コース概要

本コースは幅広い層を対象としており、ビジネスサイドの方はマイクロサービスやコンテナについて理解することができます。技術者側は、デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブを支援するために、コスト削減(全体的なITコストを15〜25%削減)、品質向上(変更失敗率を50〜70%削減)、アジリティ(プロビジョニングとデプロイメントの時間を最大90%削減)を実現し、ビジネス目標をサポートするDevOpsのビジネス価値について理解することができます。
ユニークでエキサイティングなエクササイズは、コースで取り上げられたコンセプトを適用するために使用され、クラスの後に使用するためのサンプルドキュメント、テンプレート、ツール、およびテクニックが提供されます。
このコースは、DevOps Foundation認定試験の合格を目指す学習者を対象としています。

学習目標

DevOps Foundationの学習目標には、以下の理解が含まれています。
・DevOpsの目的と用語
・ビジネスとITへのメリット
・継続的インテグレーション、継続的デリバリー、テスト、セキュリティ、「3つの道」などの原則と実践
・DevOpsとアジャイル、リーン、ITSMとの関係
・ワークフロー、コミュニケーション、フィードバックループの改善
・デプロイメントパイプラインやDevOpsツールチェーンを含む自動化の実践
・エンタープライズ向けにDevOpsを拡張する
・重要成功要因と重要業績評価指標
・事例(ケースストーリー)

対象者

DevOps Foundationコースの対象者は、以下のようなマネジメント、オペレーション、開発者、QAやテストの専門家です。
・IT開発、IT運用、ITサービスマネジメントに携わる方
・DevOpsの原則の理解を必要とする人
・アジャイル・サービス・デザイン環境で働く、またはこれから働こうとしているITプロフェッショナル

前提知識

・IT用語に精通していること、IT関連の職務経験があることが望ましい。

スクール環境

・集合研修
・オンライントレーニング(Webex)

内容

●DevOpsの探求
・DevOpsの定義
・なぜDevOpsが重要なのか
・ビジネスの視点から
・ITの視点から
●DevOpsのコアとなる原則
・3つの道
・制約条件の理論
・カオスエンジニアリング
・学習する組織
●主なDevOps プラクティス
・継続的テスト
・継続的インテグレーション、継続的デリバリー、継続的デプロイメント
・サイト・リライアビリティ・エンジニアリング、レジリエンス・エンジニアリング
・DevSecOps
・ChatOps
・カンバン
●ビジネス&テクノロジー・フレームワーク
・アジャイル
・ITSM
・リーン
・安全文化
・学習する組織
・継続的な資金調達
●カルチャー、ビヘイビア、オペレーティング・モデル
・文化の定義
・文化的負債
・行動モデル
・組織モデル
●DevOpsツールチェーンの自動化と設計
・CI/CD
・コードとしてのインフラストラクチャ
・クラウド
・コンテナ&マイクロサービス
・機械学習
・DevOpsツールチェーン
●計測、測定、報告
・計測の重要性
・DevOpsメトリクス
 -スピード/スループット/テンポ
 -品質
 -安定性
 -文化
・リードタイム/サイクルタイムの変更
・バリュー・ドリブンなメトリクス
●共有、シャドウイング、進化
・DevOps Days
・企業におけるDevOps
・役割
・DevOpsリーダーシップ
・組織的考察
・作業の開始
・課題、リスク、重要な成功要因

備考

※本コースはPMI®のPDU対象コースです。
 取得可能PDU数 14(PowerSkills(旧Leadership): 2 / Business(旧Strategic): 10 / Ways/Working(旧Technical): 2)

※受講料には、認定資格試験バウチャー費用も含まれております。
※本コースは、「DevOps Foundation」試験の内容を網羅しています。
※試験バウチャーは発行後90日間有効です。
※認定資格試験は、コースの受講終了日以降に受講者様のご希望の日時を設定してご受験いただきます。
 (※受験バウチャーの有効期間内。後日、職場や自宅などから各自でご受験いただけます。)
 試験時間:60分(試験は、テキストや資料などの持ち込みが許可されています)
 問題数:40問の多肢選択問題(合格点65%以上)
 DOIの試験は、Kryterion Global Testing Solutionsによって実施されます。
 サンプルペーパーと試験は、Foundation v3.10に基づいています。

※本トレーニングコースのPDU受講証明書は、Top Out Human Capital社が発行いたします。ご希望の方に、トレーニングコース終了後6営業日をめどに、Eメールにて送付いたします。トレーニングコース初日に講師に申し伝えください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。