IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

DO-SREF

Site Reliability Engineering Foundation

コースコードTOC506 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\132,000(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC506 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\132,000(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC506
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\132,000(税込)
主催Top Out Human Capital株式会社

コース内容

コース概要

本コースでは、SREの進化とその将来的な方向性に焦点を当て、信頼性と安定性に関わる組織全体の人々を巻き込むための実践、手法、ツールを、実際のシナリオやケースストーリーを用いて習得します。このコースを修了すると、参加者は、サービスレベル目標(SLO)の理解、設定、追跡など、会社に戻ってから活用できる具体的な成果を得ることができます。このコースは、SREの主要な情報源を活用し、SRE分野のオピニオンリーダーと協力し、SREを採用している組織と協力して実際のベストプラクティスを抽出することで開発され、SREの採用を開始するために必要な主要な原則と実践を学ぶことができるように設計されています。このコースは、SRE Foundation認定試験の合格を目指す学習者を位置づけています。

学習目標

SRE Foundationコースの学習目標には、以下の実践的な理解が含まれています。
・SREの歴史とグーグルでの登場について
・SREとDevOpsやその他の一般的なフレームワークとの相互関係
・SREの基本理念
・サービスレベル目標(SLO)とそのユーザーフォーカス
・サービスレベルインジケータ(SLI)と現代のモニタリング事情
・エラー予算とそれに伴うエラー予算ポリシー
・労働と組織の生産性への影響
・Toilをなくすためのいくつかの実践的なステップ
・サービスの健全性を示すものとしての観測性
・SREツール、自動化技術、セキュリティの重要性
・アンチフラジリティ、失敗と失敗のテストに対する私たちのアプローチ
・SRE導入がもたらす組織的なインパクト

対象者

SRE Foundationコースの対象者は、以下のようなプロフェッショナルです。
・信頼性向上への取り組みを始めた方、または主導している方
・現代のITリーダーシップや組織変革のアプローチに興味のある方

前提知識

・現代のITリーダーシップや組織変革のアプローチに興味のある方

スクール環境

・集合研修
・オンライントレーニング(Webex)

内容

●SREの原則と実践
・サイト・リライアビリティ・エンジニアリングとは?
・SREとDevOps:その違いとは?
・SREの原則と実践
●サービスレベル目標とエラーバジェット
・サービスレベル目標(SLO)
・エラーバジェット
・エラーバジェットの方針
●Toilの削減
・Toilとは?
・Toilはなぜ悪いのか?
・Toilをどうするか
●モニタリングとサービスレベル指標
・サービスレベル指標(SLI)
・モニタリング
・観測性
●SRE ツールと自動化
・自動化の定義
・オートメーションフォーカス
・自動化の種類の階層
・セキュアオートメーション
・自動化ツール
●アンチフラジリティと失敗からの学習
・なぜ失敗から学ぶのか
・アンチフラジリティのメリット
・組織のバランスを変える
●SRE の組織的影響
・企業がSREを導入する理由
・SRE導入のパターン
・オンコールの必需品
・非難なしのポストモーテム
・SREとスケール
●SREとその他のフレームワーク、トレンド
・SREとその他のフレームワーク
・未来の姿
●その他の情報源
・試験の準備
・試験条件、問題の重み付け、用語のリスト
●サンプル試験レビュー

備考

※本コースはPMI®のPDU対象コースです。
 取得可能PDU数 14(PowerSkills(旧Leadership): 5 / Business(旧Strategic): 9)

※受講料には、認定資格試験バウチャー費用も含まれております(試験バウチャー単体でのお申し込みはできません)。
※本コースは、「Site Reliability Engineering Foundation」試験の内容を網羅しています。
※試験バウチャーは発行後90日間有効です。
 試験時間:60分(試験は、テキストや資料などの持ち込みが許可されています)
 問題数:40問の多肢選択問題(合格点65%以上)
 試験言語:日本語選択が可能です。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。