IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Cisco CatchUpシリーズ 「CCNA/CCNP(ENCOR・ENARSI)」

Ciscoの資格を取得するならCTC教育サービスのCatchUpシリーズ!

CTC教育サービスのCatchUpシリーズの研修は、戦力となる人材を育成するための、実務にも資格取得にも最適なトレーニングパッケージです。

実際の業務に直結した技術を学習したい!

ベンダー認定資格を取得したい!

CTC教育サービス CatchUpコースの特長

研修機材の充実

flexbox

CTC教育サービスでは、受講者1名に1セットの実機環境をご提供いたします。実機を豊富に使用する演習を実施することで、より深く演習に取り組むことができ、実践力を高めます。

Cisco認定テキスト

flexbox

Cisco認定テキストを使用した標準的なコース体系で、基礎から応用まで、実務にも資格試験対策にもバランスのよいカリキュラムで様々な目的に対応したテキストを使用します。

オリジナル補足資料

flexbox

Cisco認定テキストによる標準コースをアレンジし、始めて操作する実機でもスムーズにご受講いただけるようサポートします。

スキルチェック付き

flexbox

PC・スマホからいつでもどこでも復習・確認テストができ、受講後の理解度の向上・模擬試験に活用できます。

確認テストはカリキュラム「自己学習」の項目も網羅しています。

試験バウチャー付き

flexbox

テストセンターで受験できるチケット(1回受験分)が付きます。(※試験バウチャー付でお申し込みいただいた方のみ)

基礎知識の自己診断

flexbox

「自己診断」によって、事前に基礎知識の理解度を確認できます。

CTC教育サービスでは、CCNAおよびCCNP Enterprise対応コースを定期開催しております。

CCNA、ENCOR、ENARSI

CatchUp CCNA (200-301 CCNA対応) 対象コース・開催スケジュール

CatchUp CCNA 〜試験合格に向けて(200-301 CCNA対応)〜

Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1.0

研修期間:5日間(9:30~17:30)  コースコード:N651V(試験バウチャー付)/N651(試験バウチャーなし)

コース概要
本コースはネットワーク基礎から学習して、小規模〜中規模ネットワークの管理に必要な知識と技術を習得できるCisco認定コースです。
5日間の講義とVirtual Labによる多くの演習を実践することで、体系立てた理解と実践的な技術力を身につけられます。
スキルチェックシステム(復習問題・模擬問題を出題するWEB問題集)がセットになったパッケージですので、講義内容の理解度を問題形式でチェックできます。
スキルチェックシステムは試験範囲の全分野から作成した試験対策問題により構成されるため、自己学習分野についても試験対策としてご活用頂けます。

学習目標
Cisco認定CCNA試験の合格に必要な知識、オペレーションスキルを習得できる

対象者
・Cisco機器で構成されたネットワークを扱うSE、CE
・ネットワークの基礎知識を身につけたい方
・ネットワークを初めて学習する方
・CCNA資格取得予定者

前提知識
・コンピュータ基礎知識の習得
・基本的なPCのOS操作の理解
・基本的なインターネット利用方法の理解
・サブネット化を含むIPアドレス計算の理解
ネットワークファーストステップ(コースコード:N606)を受講もしくは同等の知識をお持ちの方(推奨)

内容
●ネットワークの基礎
・ネットワーキング機能
・ホスト間通信モデル
・LAN
・TCP/IP リンク層
・TCP/IP インターネット層(IPv4アドレス、サブネットについて)
・TCP/IP トランスポート層とアプリケーション層
●Ciscoデバイスの初期設定
・Cisco IOSソフトウェアの基本操作
・Catalystスイッチの初期設定
・Ciscoルータの初期設定
●スケーラブルな中規模ネットワークの実装
・パケット配信プロセス
・シンプルなネットワークのトラブルシューティング
・IPv6の基礎
・スタティックルーティングの実装
・VLANとトランクの実装
・VLAN間ルーティング
●インターネット接続の有効化
・シングルエリアOSPFの実装
・ACL基礎
・NAT機能
●Ciscoデバイスの管理
・インテリジェントネットワークの進化(Cisco DNA Center、SD-WAN)
・システム監視(Syslog、SNMP、NTP)
・IOSのファイルシステム
・IOSのバックアップ、アップグレード
・Ciscoデバイスのセキュリティ機能(ポートセキュリティ、DHCPスヌーピング等)
●自己学習
・冗長スイッチトポロジの構築(STP)
・レイヤー3冗長性(HSRP)
・WANテクノロジー(VPN)
・QoS
・ワイヤレスLAN
・アーキテクチャと仮想化
・セキュリティ脅威の状況
※『自己学習』の項目は講義では取り扱いませんので、テキストを参照し、ご自身で学習を進めて下さい。

トレーニング開催スケジュール・開催会場・受講お申し込み
最新の開催スケジュール・開催会場・受講お申し込みはこちら

 

CatchUp CCNP (350-401 CCNP ENCOR試験対応)   対象コース・開催スケジュール

CatchUp CCNP 〜試験合格に向けて(350-401 CCNP ENCOR対応)〜

Implementing and Operating Cisco Enterprise Network Core Technologies(ENCOR) v1.0

研修期間:5日間(9:30~17:00)  コースコード:N581V(試験バウチャー付)/N581(試験バウチャーなし)

コース概要
本コースはエンタープライズネットワークのネットワーク構築、運用、トラブルシュートに必要な技術を習得できるCisco認定コースです。
日本語のオリジナル補足資料、演習資料を使用することで試験合格に必要な重点項目を効率的に学習可能です。
また、Cisco社提供のVirtual Labによる演習により講義で学んだ知識を着実に定着させます。
スキルチェックシステム(復習問題・模擬問題を出題するWEB問題集)がセットになったパッケージですので、講義内容の理解度を問題形式でチェックできます。
スキルチェックシステムは試験範囲の全分野から作成した試験対策問題により構成されるため、自己学習分野についても試験対策としてご活用頂けます。

学習目標
・エンタープライズの有線/無線ネットワークの設定、構築、トラブルシュートに必要な技術を習得できる
・エンタープライズのセキュリティに関する知識を習得できる
・SD-Access、SD-WAN等を使用したオーバーレイネットワークの知識を習得できる
・エンタープライズネットワークの自動化、プログラマビリティに関する知識を習得できる

対象者
・Cisco CCNP Enterprise認定資格取得を目指す方
・中規模から大規模ルーティングネットワークの構築技術を学習したい方
・複数のルーティングプロトコル設定を効率よく学習したい方

前提知識
・「CCNAv1.0」を受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方(推奨)
・ネットワークプログラマビリティについて基礎的な知識をお持ちの方

内容
●エンタープライズネットワークアーキテクチャ
・Cisco エンタープライズネットワークアーキテクチャの検証
・Ciscoスイッチングパスの実装
・キャンパスLANの実装
・冗長スイッチトポロジの構築
・レイヤ2ポートアグリゲーションの実装
●ルーティングプロトコル
・EIGRPの実装
・OSPFの実装
・OSPFの最適化
・BGPの実装
●インターネット接続
・ネットワーク冗長性の実装
・NATの実装
・仮想化技術の実装
・VPNの実装
●無線LAN
・無線LANの基礎
・無線LANの配置
・無線LANローミングとロケーションサービスの理解
・無線LAN アクセスポイントの導入
・無線LANクライアント認証の理解
・無線LANクライアント接続性のトラブルシュート
●ネットワーク管理
・ネットワークービスの実装(NTP、NetFlow、EEM等)
・ネットワーク分析ツールの理解(IP SLA、SPAN等)
・インフラストラクチャセキュリティの実装(ACL等)
・セキュアなアクセス制御の実装(RADIUS、TACACS+等)
●自己学習
・マルチキャストの実装
・エンタープライズネットワークのセキュリティ
・Cisco DNA Centerを用いたオートメーションとアシュアランス
・Cisco SD-Accessソリューションの理解
・Cisco SD-WANソリューションの理解
・Pythonプログラミング基礎の理解
・ネットワークプログラマビリティプロトコルの理解
・Cisco DNA CenterとvManageのAPI
※『自己学習』の項目は講義では取り扱いませんので、テキストを参照し、ご自身で学習を進めて下さい。

トレーニング開催スケジュール・開催会場・受講お申し込み
最新の開催スケジュール・開催会場・受講お申し込みはこちら

 

CatchUp CCNP (300-410 CCNP ENARSI試験対応)   対象コース・開催スケジュール

CatchUp CCNP 〜試験合格に向けて(300-410) CCNP ENARSI対応)〜

Implementing Cisco Enterprise Advanced Routing and Services(ENARSI) v1.0

研修期間:5日間(9:30~17:00)  コースコード:N582V(試験バウチャー付)/N582(試験バウチャーなし)

コース概要
本コースはCCNP ENCORの知識をベースにより高度なネットワークのチューニング、トラブルシュート技術を習得できるCisco認定コースです。
日本語のオリジナル補足資料、演習資料を使用することで試験合格に必要な重点項目を効率的に学習可能です。
また、Cisco社提供のVirtual Labによる演習により講義で学んだ知識を着実に定着させます。
スキルチェックシステム(復習問題・模擬問題を出題するWEB問題集)がセットになったパッケージですので、講義内容の理解度を問題形式でチェックできます。
スキルチェックシステムは試験範囲の全分野から作成した試験対策問題により構成されるため、自己学習分野についても試験対策としてご活用頂けます。

学習目標
・ネットワークデバイスの管理、セキュリティに関する高度な知識を習得できる
・Cisco DNA Centerを使用したトラブルシュートができる
・EIGRP、OSPF、BGPのチューニング、トラブルシュートに関する知識、技術を習得できる

対象者
・Cisco CCNP Enterprise認定資格取得を目指す方
・高度なルーティングの知識、技術を必要としている方

前提知識
・「ENCORv1.0」の受講、もしくは同等の知識をお持ちの方(推奨)

内容
●EIGRP
・EIGRPの実装
・EIGRPの最適化
●OSPF
・OSPFの実装
・OSPFの最適化
●再配送
・再配送の実装
・パス制御の実装
●BGP
・BGPの実装
・BGPの最適化
・MP-BGPの設定
●仮想化技術
・VRF-Liteの実装
・DMVPNの実装
●デバイス管理
・DHCPの実装
・Ciscoルータのセキュリティ
●自己学習
・MPLSの実装
・MPLS レイヤ3ルーティング
・IPv6 ファーストホップセキュリティ
・DNA Centerアシュアランスのトラブルシュート
・CoPPの理解
・EIGRP、OSPF、再配送のトラブルシュート
・インフラストラクチャセキュリティサービスのトラブルシュート
※『自己学習』の項目は講義では取り扱いませんので、テキストを参照し、ご自身で学習を進めて下さい。

トレーニング開催スケジュール・開催会場・受講お申し込み
最新の開催スケジュール・開催会場・受講お申し込みはこちら

受講者の声

  • 題材と題材の間の話に矛盾がなくスムーズな流れになっており、なぜこの機能が必要であるのか?等の内容が先に理解できた。従って、初めて聞く機能でもスムーズに頭の中に内容が入ってきた。すばらしい講師だと思います。
  • コースの内容にとても満足しています。別のコースにも是非参加したいです。
  • 一人一人検証を実施する環境(台数を含め)があり、大変良かった。
  • 説明が丁寧で判りやすく、また、所々に実務の話を交えているので、とても勉強になり満足している。

※受講者の声は試験改定前のコースアンケートから一部抜粋しております。

本研修についてのお問い合わせ

CTCテクノロジー・ラーニングセンター事務局
TEL : 0120-667230
FAX : 0120-667235
お問合せフォーム:こちら
E-mail : kyouiku@ctc-g.co.jp

一社研修も承ります。

ご注意

本プログラムは、資格取得を保証するものではありませんので、予めご了承ください。