IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

Amazon Web Servicesを追いかける

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート 

第2回 Amazon RDS の構築 (多田道明) 2014年6月

 皆様はじめまして、第2回目コラム担当の多田です。仕事ではプログラムも書くのですが最近はサーバ構築してる方が多かったりします。

 Amazon RDS については、ここをご覧になっているような方は既にある程度ご存知かと思われますので、詳しい解説は公式サイトにお任せして、日常的にサーバを構築されている担当者の方が疑問に思う点を中心に解説したいと思います。

Amazon RDS を使う利点

 通常、DB を使いたい場合は下記のような手順になるかと思います。

  • サーバを用意
  • ストレージを用意
  • OS をインストール、設定
  • DB をインストール、設定

 EC2 を使えば AMI から起動するだけなのであまり手間ではないように感じますが、運用を考えますとできるだけ手間は減らしたいところです。

 そこで Amazon RDS の登場です。Amazon RDS を利用すると下記のような利点があります。

  • 使いたいときに AWS マネジメントコンソールで起動するだけ(サーバや OS の手配、設定が不要)
  • マシンスペックは後から増減できる(事前に高スペックサーバを用意する必要がないので低コストで利用開始できる)
  • ストレージは後から増やせる(事前に大容量を用意しないで済むので低コストで利用開始できる)

 他にもリードレプリカや自動バックアップ機能があったりしますが、詳しくは公式サイトをご確認ください。

Amazon RDS の起動

 つぎに、どの程度簡単に利用できるか、実際に起動してみたいと思います。今回は Amazon RDS for MySQL を使い MySQL を起動します。
 ここで示すのは一つの例です、その他の設定などの詳細については Amazon Relational Database Service ドキュメントをご確認ください。

 まず最初に AWS マネジメントコンソールにログインして RDS を選択します。

 次に RDS 起動前に必要な設定を行います。Security Groups を作成し、接続元IP(CIDR/IP to Authorize:*)を設定。


 つづけて Parameter Groups を作成し character_set を設定。



 Option Groups を作成。



 ここから RDS の instance を起動する作業となります。

 まず Instances を選択し Launch DB Instance をクリックします。

 つぎに Engine Selection で MySQL を選択。


 Production? で "Yes, use" を選択。(Multi-AZ DeploymentについてはMulti-AZ 配置を参照)


 DB Instance Details を設定。


 Additional Config を設定。


 Management Options を設定。


 Review で設定内容を確認、問題なければ Launch DB Instance をクリックすると RDS が起動します。



 RDS 起動中、設定によりますが数分~数十分かかります。


 RDS が起動完了すると "Endpoint:" に接続情報が表示されます。


 Security Groups で設定したサーバへログインし、接続できることを確認。


 ここまでで、とりあえず MySQL が利用できるようになりました。サーバを構築し MySQL をインストールするよりは簡単に利用できることが分かるかと思います。

Amazon RDS for MySQL を利用する際の注意点

 "show variables like '%time_zone';" を実行すると Timezone が UTC になっているのが確認できます。

 通常 my.cnf に timezone の設定をしますが、これを書いている時点では RDS では設定する方法がありません。解決方法はいろいろありますが、ここでは "SET SESSION time_zone = 'Asia/Tokyo';" で設定してみました。


 character_set についても my.cnf がありませんので Parameter Groups で設定しておく必要があります。



 ここまで読んでいただき有難うございました。このコラムを読まれた感想、質問等ございましたら下記までお送りください、次回のコラムへの参考とさせて頂きます。
aws-column@strawbag.co.jp

参考リンク

Amazon RDS
http://aws.amazon.com/jp/rds/

Amazon RDS for MySQL
http://aws.amazon.com/jp/rds/mysql/

Amazon Relational Database Service ドキュメント
http://aws.amazon.com/jp/documentation/rds/

Multi-AZ 配置
http://aws.amazon.com/jp/rds/multi-az/

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート