IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

試験バウチャー対応 Liveオンライン対応

DevOps Engineering on AWS

コースコードAW24 期間3日間 時間09:30~17:30 価格バウチャーあり(AW24V)
 \278,300(税込)
バウチャーなし(AW24)
 \231,000(税込)
主催CTCT
コースコードAW24 期間3日間 時間09:30~17:30
価格バウチャーあり(AW24V)
 \278,300(税込)
バウチャーなし(AW24)
 \231,000(税込)
主催CTCT
コースコードAW24
期間3日間
時間09:30~17:30
価格バウチャーあり(AW24V)
 \278,300(税込)
バウチャーなし(AW24)
 \231,000(税込)
主催CTCT

コース内容

コース概要

DevOps Engineering on AWS では、DevOps の文化的哲学、プラクティス、ツールの組み合わせを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを素早く開発、提供、保守できるように組織の能力を高める方法を学びます。このコースでは、継続的インテグレーション (CI)、継続的デリバリー (CD)、コードとしてのインフラストラクチャ、マイクロサービス、モニタリングとログ記録、通信とコラボレーションについて説明します。ハンズオンラボでは、AWS CloudFormation テンプレートと、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でアプリケーションを構築およびデプロイする CI/CD パイプラインの構築とデプロイ、サーバーレスアプリケーション、およびコンテナベースのアプリケーションをご体験いただけます。これには、マルチパイプラインワークフローと、複数の環境でのデプロイに使用するためのパイプラインに関するラボも含まれています。

学習目標

このコースでは、以下について学習します。
- 小規模な自律的な DevOps チームの利点、役割、責任を列挙する
- DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストラクチャを AWS 上で設計および実装する
- AWS Cloud9 を活用してコードを作成、実行、デバッグする
- AWS CloudFormation を使用してさまざまな環境をデプロイする
- AWS CodeCommit を使用して、安全でスケーラビリティの高いプライベート Git リポジトリをホストする
- Git リポジトリを CI/CD パイプラインに統合する
- AWS CodeBuild を使用してコードのビルド、テスト、パッケージ化を自動化する
- Docker イメージを安全に保存して活用し、CI/CD パイプラインに統合する
- CI/CD パイプラインを構築して、Amazon EC2、サーバーレス アプリケーション、およびコンテナベースのアプリケーションをデプロイする
- 「All at once」、「rolling」、「blue/green」などの一般的な導入戦略を実装する
- テストとセキュリティを CI/CD パイプラインに統合する
- AWS のツールとテクノロジーを使用してアプリケーションと環境を監視する

対象者

このコースは以下のような方を対象としています。
- DevOps エンジニア
- DevOps アーキテクト
- オペレーションエンジニア
- システム管理者
- デベロッパー

前提知識

このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。
- Cloud Operations on AWS または Developing on AWS コースへの参加経験
- 1 つ以上のハイレベルプログラミング言語 (C#、Java、PHP、Ruby、Python など) の実務的知識
- コマンドライレベルでの Linux システムもしくは Windows システムの管理に関する中級程度の知識
- AWS 環境のプロビジョニング、運用、管理における 2 年以上の経験

(関連するコースへのリンク)
内容

1 日目
モジュール 0: コースの概要
- コースの目的
- 推奨される前提条件
- コース概要の内訳

モジュール 1: DevOps の概要
- DevOps とは何ですか?
- Amazon の DevOps への取り組み
- DevOps の基盤

モジュール 2: インフラストラクチャの自動化
- インフラストラクチャ自動化の概要
- AWS CloudFormation テンプレートの詳細
- AWS CloudFormation テンプレートの変更

モジュール 3: AWS ツールキット
- AWS CLI の設定
- AWS ソフトウェア開発キット (AWS SDK)
- AWS SAM CLI
- AWS クラウド開発キット (AWS CDK)
- AWS Cloud9
- ハンズオンラボ: AWS CloudFormation を使用した基本インフラストラクチャのプロビジョニングと管理

モジュール 4: 開発ツールを使用した継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD)
- CI/CD パイプラインと開発ツール
- ハンズオンラボ: AWS CodeDeploy を使用した EC2 フリートへのアプリケーションのデプロイ

2 日目
モジュール 4: 開発ツールを使用した継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD)
- AWS コードパイプライン
- ハンズオンラボ: AWS CodePipeline を使用したコードのデプロイメントの自動化

モジュール 5: マイクロサービスの概要
- マイクロサービスの概要

モジュール 6: DevOps とコンテナ
- Docker を使用したアプリケーションのデプロイ
- Amazon Elastic Container Service と AWS Fargate
- Amazon Elastic Container Registry および Amazon Elastic Kubernetes サービス

モジュール 7: DevOps とサーバーレス コンピューティング
- AWS Lambda と AWS Fargate
- AWS サーバーレス アプリケーション リポジトリと AWS SAM
- AWS ステップ関数
- ハンズオン ラボ: AWS サーバーレス アプリケーション モデルを使用したサーバーレス アプリケーションのデプロイ(AWS SAM) と CI/CD パイプライン

モジュール 8: 導入戦略
- 継続的な展開
- AWS サービスを使用したデプロイメント

モジュール 9: 自動テスト
- テストの概要
- テスト: ユニット、統合、フォールト トレランス、負荷、合成
- 製品とサービスの統合

3 日目
モジュール 10: セキュリティの自動化
- DevSecOps の概要
- パイプラインのセキュリティ
- パイプラインにおけるセキュリティ
- 脅威検出ツール

モジュール 11: 構成管理
- 構成管理プロセスの概要
- 構成管理のための AWS のサービスとツール
- ハンズオンラボ: CI/CD パイプラインと Amazon Elastic を使用した Blue/Green デプロイメントの実行・コンテナサービス (Amazon ECS)

モジュール 12: 可観測性
- 可観測性の概要
- 可観測性を支援する AWS ツール
- ハンズオンラボ: CI/CD パイプライン自動化のための AWS DevOps ツールの使用

モジュール 13: リファレンス アーキテクチャ (オプションのモジュール)
- リファレンス アーキテクチャ

モジュール 14: コースの概要
- DevOps 実践のコンポーネント
- CI/CD パイプラインのレビュー
- AWS 認定

備考

※コースカリキュラムは予告なく変更となる場合があります。
※研修の進捗状況や質疑応答などにより、終了時間は前後することがあります。あらかじめご了承ください。

[演習環境アクセス用アカウント・テキスト閲覧用アカウント]
本コースの受講にあたり、演習環境の利用に必要なアカウント「”AWS Builder ID”もしくは”APN(AWS Partner Network)アカウント”」の作成を事前にお願いしております。

また、テキストは電子テキストを使用します。受講にあたりテキストの閲覧に必要な「BookShelfアカウント」の作成も事前にお願いしております。

詳しい作成手順は、以下のURLの[事前作業1][事前作業2]をご参照ください。
https://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/aboutregi.html

[Liveオンライン研修]  ※【会場】Liveオンラインまたは【会場】Liveオンライン(H)の方
Liveオンライン研修で受講される場合、ご受講の際、下記のソフトウェアが必要です。
・Zoom
各ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル
※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

[関連する認定資格]
・AWS Certified DevOps Engineer - Professional
https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/

[試験バウチャー]
試験バウチャーは、メールにて電子版を送付します。

関連するコース

開催予定日

2024年

03月11日(月) ~ 03月13日(水)
【価格】 バウチャーあり/278,300円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24V
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
【価格】 バウチャーなし/231,000円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
03月11日(月) ~ 03月13日(水)
【価格】 バウチャーあり/278,300円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24V
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
【価格】 バウチャーなし/231,000円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
05月15日(水) ~ 05月17日(金)
【価格】 バウチャーあり/278,300円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24V
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
【価格】 バウチャーなし/231,000円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
05月15日(水) ~ 05月17日(金)
【価格】 バウチャーあり/278,300円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24V
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
【価格】 バウチャーなし/231,000円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 AW24
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。

コース一覧

AWSのコース一覧