IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

BIの実践的活用 〜データを事業で活かすには

コースコードEL230 期間1日間 時間09:30~17:30 価格\66,000(税込) 主催エディフィストラーニング株式会社
コースコードEL230 期間1日間 時間09:30~17:30
価格\66,000(税込) 主催エディフィストラーニング株式会社
コースコードEL230
期間1日間
時間09:30~17:30
価格\66,000(税込)
主催エディフィストラーニング株式会社

コース内容

コース概要

身近なデータを活用し、BIの集計を通して、大小比較、構成比、時系列変化、分布など、さまざまな角度で、データから読み取れることを可視化します。
また、今までにない分析視点でデータを探索したり、他組織から得たデータを組み合わせることで、データ活用の可能性を広げます。
これらから得た知見に基づいて、組織内で意見交換や議論を習慣づけ、意思決定につなげていくという、組織全体にBIを浸透させるための方向性を見出します。
本研修では、本格的なBIツールの使用も体験します。Excelとはひとあじ違う使い方や、効果を実感していただくことができます。

学習目標

・身近なデータにBIを適用し、自組織でデータ活用の可能性を実感する。
・グラフや集計表の作成にとどまらず、Excelに比べて、BIならではの可視化を経験する。
・BIの仕組みを使って「探索」のシナリオを体験し、探索の効果を把握する。
・BIで得られた洞察を共有し、組織に知見を広げる意義を理解する。

対象者

・BI に興味を持っている方
・企業のBI推進者、BI実務担当者
・IT企業でデータ活用の顧客向けコンサルティングやアドバイザリー業務に携わる方

前提知識

・研修中にMicrosoft Excelは使用しませんが、Excelで集計表を作成したり、簡単なグラフの作成経験があると望ましい
・Tableau Public(無償ツール)にアカウントを作成できる方

内容

●第1章 BI(Business Intelligence)とは
●第2章 BI の仕事の進め方
   ・分析目的の明確化、データの取得、分析、洞察、共有までの流れ
●第3章 BI ツールの実践的活用
   ・可視化する
   ・仮説を検証する
   ・探索する
   ・知見を共有する
●第4章 事業へのBI活用の実際とデータ利用の具体例
   ・顧客の購買分析(マーケティング領域)
   ・品質管理に関する析(製造業)
   ・地図を活用した業務の効率化(流通業)など
●第5章 データの前処理の概要
   ・クレンジング
   ・付加価値の追加

備考

【オンラインライブ開催】
※オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
 お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。

 ●PCおよびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
 ●「Tableau Public」の事前インストールが必要です(無料)。
  お客様の PC およびネットワークで実施可能かを確認するため、下記 URL より PDF をダウンロードし、事前にインストール可能なことを確認できましたら、お申込みください。

  ■Tableau Publicの事前確認PDFファイル
   https://jinzai.edifist.co.jp/download/textbook/BI_pre/TableauPublic_check.pdf

 ●ZoomによるWeb会議システムを使用いたします。
  Zoomの導入は、お客様にて事前に済ませておいてください。
  Zoomテストサイト http://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083/

 ※上記テストは、必ず、トレーニングを受講する当日に使用するPCおよびトレーニングを受講する場所(ネットワーク)で行ってください。

 ●Zoomのファイル転送機能を利用することがあります。
 ●コースで使用するテキストは、PDF等の電子テキストを使用いたします。
  PDF版の電子テキストを閲覧するには「Adobe Acrobat Reader X 以降のバージョン」が必要です。
 ●電子テキストを印刷される場合は、お客様にてご負担ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。