IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

速習IPv6

コースコードGK227 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\165,000(税込) 主催トレノケート株式会社
コースコードGK227 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\165,000(税込) 主催トレノケート株式会社
コースコードGK227
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\165,000(税込)
主催トレノケート株式会社

コース内容

コース概要

IPv6のアドレス体系や通信方法、それに付随する様々なプロトコルだけでなく、IPv4からIPv6への移行する際の混在環境と、それを実現する技術を学びます。
IPv6ネットワークの構築、実装およびトラブルシューティングを行なうために必要な知識を、講義及び実習を通して学びます。

学習目標

・IPv4とIPv6アドレスや、ヘッダの違い、IPv4からの改善点をあげることができる
・IPv6を使用したIGP (OSPFv3等)の設定や、MP-BGPの設定を行うことができる
・アクセス制御リストを使用して、アクセスの制限や、prefixのフィルタができる
・IPv4ネットワークにIPv6を統合するためにトンネリングの設定を行うことができる
・CCIE Enterprise Infrastructure試験に必要とされるレベルのIPv6ネットワークを構築することができる

対象者

・Cisco製品を使ったIPv6ネットワークの実装を行う方
・CCIE Enterprise Infrastructure資格取得を予定の方

前提知識

・CCNA資格を取得済み
・IPv4におけるアドレッシングやルーティング、その他基本的なネットワークのアーキテクチャを理解している

内容

●1. IPv6の概要
 ・IPv6の特徴
 ・IPv6の機能と利点

●2. IPv6の操作
 ・IPv6アドレス構成
 ・CiscoルータでのIPv6の設定
 ・WindowsでのIPv6の設定
 ・ヘッダーフォーマット
 ・ICMPv6とネイバーディスカバリ

●3. DHCPv6

●4. IPv6環境のルーティングプロトコル
 ・OSPFv3
 ・EIGRP for IPv6
 ・ルート再配送
 ・MP-BGP
 ・HSRP for IPv6

●5. IPv6への移行技術
 ・デュアルスタック
 ・トンネリング

●6. セキュリティ
 ・IPv6 ACL
 ・IPv6 FHS

備考

■Ciscoサイトへのアカウント登録
本コースの修了には、Cisco社へ登録したシスコアカウントが必要となります。
アカウントをお持ちでない方は受講時までにご用意ください。
・「IPv6 Fundamentals, Design and Deployment」カリキュラムのうち、IPv6の基礎から設計・構築に必要な内容を抜き出して、標準5日間を2日間へ短縮したコースです。
・本コースで使用するテキストは、本文は英語、スライド部分は日本語です(スライド部分だけで理解できるように翻訳しています)。演習ガイドと講義は日本語です。
■オンラインで参加される場合
電子テキスト、リモートラボの接続にGoogle Chromeブラウザを使用します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

Ciscoのコース一覧