IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Microsoft 365 E5 で実現するセキュリティ対策ベストプラクティス

コースコードIJ005 期間2日間 時間10:00~17:00 価格\220,000(税込) 主催株式会社イルミネート・ジャパン
コースコードIJ005 期間2日間 時間10:00~17:00
価格\220,000(税込) 主催株式会社イルミネート・ジャパン
コースコードIJ005
期間2日間
時間10:00~17:00
価格\220,000(税込)
主催株式会社イルミネート・ジャパン

コース内容

コース概要

これから Microsoft 365 E5 を活用してセキュリティ対策に取り組みたいという方に向けて、Microsoft 365 E5 独自で実装可能なセキュリティ機能について、ゼロトラストモデルに沿って体系化し、実現する方法とベストプラクティスについて解説します。組織の要件に合わせたセキュリティ対策を行うにあたり、Microsoft 365 E3 では実現できない要件を満たすために、具体的などのような機能が存在し、どのように活用することによって実現できるようになるかについて、豊富な実習とともに学習し、その中からあなたの会社にとってのベストプラクティスを導き出します。

なお本コースは NIST サイバー セキュリティ フレームワーク規定の識別と防御部分を Microsoft 365 E5 で実装することをターゲットとしています。姉妹コースの Microsoft 365 を利用したインシデント対応 (CI535-H) コースでは NIST サイバー セキュリティ フレームワーク規定の検知・対応・復旧部分を扱うため、組み合わせて受講いただくことによって、NIST サイバー セキュリティ フレームワークに沿った Microsoft 365 を利用したセキュリティ対策を実装・運用していただけるようになります。

学習目標

・ NIST サイバー セキュリティ フレームワーク規定の識別と防御部分を Microsoft 365 E5 で実装できるようにする

対象者

・ Microsoft 365 E5/E5 Security/E5 Compliance を利用した IT インフラを運用する方

前提知識

・ Microsoft 365 管理センターでの操作経験のある方

スクール環境

・Microsoft 365 E5

内容

●ID 管理とアクセス制御
・ 【おさらい】 条件付きアクセスの実装
・ ID のライフサイクル管理
●Microsoft Defender for Cloud Apps によるクラウドアクセスの制御
・ 証明書ベースのアクセス制御
・ Cloud Discovery を利用したクラウドアプリへのアクセス制御
・ 条件付きアクセスとの連携
・ アプリコネクタを利用したアクセス制御
●Microsoft Defender for Endpoint による脆弱性管理
・ 脆弱性管理 状態の確認と対処
●セキュアなコンテンツ管理
・ 秘密度ラベルを利用したコンテンツの暗号化
・ DLPを利用したコンテンツ利用の監視
・ Endpoint DLP/アクティビティエクスプローラーによる特定操作の監視
・ 内部リスクの管理
・ 電子情報開示を利用したコンテンツ検索
●メール運用
・ 標的型メール訓練

※ コース内容およびテキストは開催ごとに製品の Update に合わせて更新しています。予告なしに変更される可能性があることをご了承ください。

備考

※本コースは研修センター開催コースです。
 オリジナルテキスト (当日会場で配布) を教材として利用します。

関連するコース

開催予定日

2024年

【価格】 220,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 10:00~17:00
【コースコード】 IJ005
【主催】 株式会社イルミネート・ジャパン
【価格】 220,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 10:00~17:00
【コースコード】 IJ005
【主催】 株式会社イルミネート・ジャパン

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。