IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Liveオンライン対応 CLS対応DXスタートパック

事例で学ぶ情報セキュリティ入門

コースコードN481 期間1日間 時間13:00~17:00 価格\44,000(税込) 主催CTCT
コースコードN481 期間1日間 時間13:00~17:00
価格\44,000(税込) 主催CTCT
コースコードN481
期間1日間
時間13:00~17:00
価格\44,000(税込)
主催CTCT

コース内容

コース概要

本コースでは、セキュリティインシデント(セキュリティ事件/事故)の最新事例をもとに、サイバー攻撃の仕組みや普段のIT業務(PC利用、インターネット利用)に潜む危険性、また、どうすればそのリスクを回避できるのかについて紹介します。

学習目標

・一般のITユーザとして必要なセキュリティ知識を修得する

対象者

・一般のITユーザ
・新入社員

前提知識

・特になし

内容

●Webサービスへの不正ログイン
・Webサービスへの不正ログインの概要
・パスワードリスト攻撃
・パスワード推測による被害事例
・パスワードリスト攻撃の被害事例
・総当たり攻撃(ブルートフォース攻撃)
・リバースブルートフォース攻撃
・「不正ログイン」対策

●インターネットバンキングの不正送金
・インターネットバンキングの不正送金の概要
・不正送金の逮捕事例
・2020年のクレジットカード番号盗用による被害総額
・クレジットカード決済基盤システムの不正アクセス事例
・「クレジットカードの不正利用」対策

●サポート詐欺
・サポート詐欺の概要と被害事例
・「サポート詐欺」対策

●インターネット検索
・SNSサイトの調査
・検索サイトを用いた調査
・Googleハッキング
・強制ブラウジング
・「インターネット検索」対策

●マルウェアの感染経路
・ドライブバイ攻撃
・「ドライブバイ攻撃」対策
・参考:脆弱性に関して

●IoT機器に対する攻撃
・IoT機器の被害事例
・SHODAN
・「IoT機器に対する攻撃」対策

●メール受信時の注意
・Emotet感染を狙ったメール
・Emotetの感染事例
・「Emotet」対策

●情報漏洩の危険性
・マルウェアチェックサイト経由での情報漏洩
・使用済みハードディスク経由での情報漏洩
・社員の持ち出しによる情報漏洩
・「情報漏洩」対策

●ランサムウェアによる攻撃
・ランサムウェアの概要と被害事例
・「ランサムウェア」対策

●ビジネスメール詐欺(BEC)
・ビジネスメール詐欺の概要と被害事例
・「ビジネスメール詐欺」対策

●標的型攻撃
・標的型攻撃メール
・アイコンや拡張子の偽装
・「標的型攻撃」対策

備考

本コースはCTCTオリジナルコースです。

コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。

[テキスト]
本コースは電子版のテキストをお渡しします。
電子テキスト

[使用ソフトウェア]
本コースでは下記のソフトウェアを使用しますので、ご受講開始までにご準備ください。。
・Zoom
ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル

※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

関連するコース

開催予定日

2024年

02月26日(月) ~ 02月26日(月)
【価格】 44,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 13:00~17:00
【コースコード】 N481
【主催】 CTCT
03月11日(月) ~ 03月11日(月)
【価格】 44,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 13:00~17:00
【コースコード】 N481
【主催】 CTCT
04月30日(火) ~ 04月30日(火)
【価格】 44,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 13:00~17:00
【コースコード】 N481
【主催】 CTCT
05月27日(月) ~ 05月27日(月)
【価格】 44,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 13:00~17:00
【コースコード】 N481
【主催】 CTCT

 このコースは、Liveオンライン研修で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら