IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Liveオンライン対応

【机上設計演習付き】Azure(IaaS)設計を学ぶ

Azure Infrastructure 設計のポイント

コースコードP604 期間1日間 時間09:30~17:30 価格\77,000(税込) 主催CTCT
コースコードP604 期間1日間 時間09:30~17:30
価格\77,000(税込) 主催CTCT
コースコードP604
期間1日間
時間09:30~17:30
価格\77,000(税込)
主催CTCT

コース内容

コース概要

このコースでは、Microsoft Azure (IaaS) の設計ポイントを説明いたします。「Microsoft Azure Administrator」コースなどでAzure管理スキルを習得済みの方は、それを設計に活用できるようになります。
また、シナリオに沿ったMicrosoft Azure (IaaS) の構成を考え、システム構成図を作成する演習を含むため、設計および提案の準備に役立ちます。

学習目標

コースを修了すると、受講者は次のことができるようになります。
・ Azure(IaaS)設計のポイントを理解する
・ Azureを活用したシステム化の提案のため、Azure(IaaS)システム構成図を作成する

対象者

・Azure(IaaS)を含むシステムの提案を行う方
・「Microsoft Azure Administrator」コースなどでAzureの管理スキルを習得し、さらに設計のポイントについて知りたい方。

前提知識

・「Microsoft Azure Administrator」コースを受講済みか、同等のスキルをお持ちの方

(関連するコースへのリンク)
内容

● クラウドサービスのポイント
・ オンプレミスとクラウド
・ IaaSとPaaSの選択
・ Service Level Agreement

● Azure導入のポイント
・ 導入の一般的なフレームワーク
・ テナントとサブスクリプション
・ サブスクリプションの構成例
・ コスト管理の方法

● コンピューティング サービスのポイント
・ Azure VM の構成に必要なリソース
・ Azure VM のSKU
・ Azure VM のプランニング
・ Azure VM の管理ツール

● ストレージ サービスのポイント
・ Azureディスクの種類
・ マネージドディスクとアンマネージドディスク

● Azureネットワーク サービスのポイント
・ 仮想ネットワークとサブネット
・ ネットワークインターフェース
・ VPNとExpress Route
・ ネットワークセキュリティグループとファイヤーウォール
・ ネットワーク構成例

● Azure可用性 サービスのポイント
・ RTO / RPO / RLO
・ Azureの高可用性サービス

● Azure監視 のポイント
・監視の立案、設計、導入
・監視のポイント
・Azureで使用する監視サービス

【設計演習】Azure Infrastructure の構成

備考

コースの内容は変更される可能性があります。

[テキスト] ※集合研修(会場で受講される)の方
テキストは電子版をお渡しいたします。

[Liveオンライン研修]  ※【会場】Liveオンラインまたは【会場】Liveオンライン(H)の方
Liveオンライン研修で受講される場合、ご受講の際、下記のソフトウェアが必要です。
・Zoom
各ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル
また、テキストは電子版をお渡しいたします。
※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

関連するコース

開催予定日

2024年

03月14日(木) ~ 03月14日(木)
【価格】 77,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 P604
【主催】 CTCT

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。