IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Liveオンライン対応

Oracle Database 管理の第一歩

Oracle Database : 管理クイック・スタート Ed1

コースコードS614 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\198,000(税込) 主催CTCT
コースコードS614 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\198,000(税込) 主催CTCT
コースコードS614
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\198,000(税込)
主催CTCT

コース内容

コース概要

このコースでは、Oracle Database 19c のインストールからバックアップ・リカバリ、およびパフォーマンス監視まで、データベースの運用を継続するために必要なOracle Database 19cの基本的な管理タスクの実行方法を学習します。
中小規模のデータベース管理者を目指す方に最適なコースです。

学習目標

・Oracle Databaseのバックアップおよびリカバリができる
・データベースの監視およびアドバイザが使用できる
・Oracle Database 19cのインストールができる
・データベースの作成ができる
・データベース記憶域構造とスキーマ・オブジェクトの管理ができる
・ユーザーおよびセキュリティの管理ができる

対象者

・データベース初心者の方
・データベース管理者の方
・Oracle Master 12c Bronzeの取得を目指す方
・Oracle Master 2019 Bronzeの取得を目指す方

前提知識

・Linux OSの基本操作ができる

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 19c

内容

●Oracle Database:概要
・リレーショナル・データベース
・リレーショナル・データベースの用語
・複数の表の関連付け
・人事管理(HR)スキーマ
・SQL言語
・SQL文の種類
・SQLを使用したデータベースへのアクセス
・Oracle Databaseの開発ツール
・Oracleインスタンスおよびデータベース: 概要
・Oracle Database管理者の一般的なタスク
・Oracle Databaseを管理するためのツール
・Oracle Real Application Cluster(RAC)
・Oracle Data Guard
・ASM(自動ストレージ管理)
●データベースのインストールおよび作成
・インストールのワークフロー
・Oracle Universal Installer
・インストールの前提条件(参考)
・環境変数の理解
・インストールの手順-ソフトウェアの展開-
・インストール・オプションの指定
・データベース・インストール・オプションの選択
・データベース・エディションの選択
・インストール場所の指定
・インベントリの作成
・権限あるオペレーティング・システム・グループ
・構成スクリプト自動実行の選択
・前提条件のチェック
・インストール・サマリーの確認
・データベース・ソフトウェアのインストール
・rootスクリプトの実行
・インストールの完了
・Database Configuration Assistant
・DBCAの起動
・データベースの作成
・サマリー画面の確認
・Oracle Database作成の進捗状況確認
・Oracle Database作成の完了
・テンプレートの管理
●Database管理ツールの使用
・Enterprise Manager Database Expressの概要
・EM ExpressのHTTPSポートの構成
・EM Expressへのアクセス
・「データベース・ホーム」ページの使用
・Performance Hub
・EM Expressへのアクセス権の付与
・SQL*Plus
・SQL*Plusを使用したデータベースへのアクセス
・Oracle SQL Developer
・SQL Developerを使用したデータベースへのアクセス
・Oracle SQL DeveloperのDBA接続
●Oracleネットワーク環境の構成
・Oracle Net Listener: 構成および管理
・Oracleネットワークの構成および管理をするツール
・Oracle Net Manager
・Oracle Net Configuration Assistant
・OracleNetManager:リスナー構成例(listener.ora)
・リスナー制御ユーティリティの使用方法
・Oracle Databaseインスタンスへの接続
・名前解決
・Oracle Net: ネーミング・メソッド
・Oracle Net Manager: ローカル・ネーミング構成例
●Oracleインスタンスの管理
・Oracleインスタンスの管理
・バックグラウンド・プロセス
・Oracleプロセス構造
・Oracleのメモリー構造
・問合せの処理
・DML文の処理
・コミットの処理
・初期化パラメータ
・クイズ
・インスタンスの起動および停止
・インスタンスの状態
・shutdown時のオプションと挙動
・SQL*Plusを使用したインスタンスの停止および起動
・アラート・ログ
・アラート・ログに出力される内容: DBの起動/停止
・クイズ
・初期化パラメータの表示(SQL*Plusでの表示例)
・初期化パラメータの変更
・メモリー・コンポーネントの管理
●データベース記憶域構造の管理
・(復習) Oracleインスタンスの管理
・(復習) Oracleプロセス
・Oracle Databaseの構造
・制御ファイル
・REDOログ・ファイル
・REDOログの多重化
・表領域とデータファイル
・事前構成済データベースの表領域
・データベースの拡張
・表領域とデータファイル
・クイズ
・新しい表領域の作成
・表領域の変更
・表領域の削除
・UNDOデータの概要
・UNDO情報の格納
・UNDOデータとREDOデータの比較
・UNDOの管理
●ユーザーおよびセキュリティの管理
・Oracle定義のユーザー
・ユーザーの管理
・ユーザーの作成
・ユーザーの変更
・ユーザーの削除
・アカウントのロックおよびロック解除
・ユーザー・アカウントのロック解除およびパスワードの再設定
・パスワード・ポリシーの設定
・デフォルトのパスワード・ポリシーの変更
・権限およびロールの管理
・権限の付与
・特別な管理権限
・ロールの管理
・ロールの作成および変更
●スキーマ・オブジェクトの管理
・スキーマの概要
・スキーマ
・データベース・オブジェクトへのアクセス
・表のデータ型の指定
・表の作成
・表の変更
・整合性制約
・制約の定義
・表の内容の表示
・表の削除
・索引の管理
・索引の表示
・索引の作成と削除
・ビューの管理
・ビューの作成と削除
・スキーマ・オブジェクトへのアクセスの管理
・オブジェクト権限の付与
・データのロード(SQL*Loader)
●バックアップおよびリカバリの実行
・Oracleのリカバリ機能
・インスタンス障害
・メディア障害
・RecoveryManager(RMAN)
・バックアップおよびリカバリのためのデータベース構成
・バックアップのタイプ
・RMANバックアップ・ファイルのタイプ
・バックアップ設定の構成
・データベースのバックアップ
・クイズ
・メディア・リカバリの種類
・NOARCHIVELOGモード運用時の復旧
・ARCHIVELOGモード運用時の復旧
・データ・リカバリ・アドバイザ
・データ・リカバリ・アドバイザの使用
・フラッシュバック表
・表での行移動の有効化
・フラッシュバック表の実行
・フラッシュバック・ドロップとゴミ箱
・フラッシュバック・ドロップの実行
●データベースの監視およびアドバイザの使用
・データベースの事前監視
・一般的なデータベースの状態およびワークロードの監視
・パフォーマンスの監視
・アドバイザの使用
・パフォーマンス・アドバイザ
・SQLパフォーマンスの管理
・SQLチューニング・アドバイザの使用
・自動ワークロード・リポジトリ(AWR):概要
・AWRスナップショットによるADDMの問題検出
・AWRスナップショットのパージ方針
・ADDMによるパフォーマンス問題の診断

備考

この研修コースの教材は、電子ファイル教材(eKit)としてELSサイトにて提供します。
ご利用いただく場合、以下の準備が必要です。

■oracle アカウント作成
テキストなどにアクセスするために、oracle.comへのアカウントをあらかじめ作成する必要があります。未登録の方は、以下のサイト参考にご登録ください。
https://www.oracle.com/jp/education/guide/newuser-172640-ja.html
不明な点がありましたら、以下のお問い合わせ先に問い合わせください。
https://education.oracle.com/ja/OUcontactUs

■電子テキスト
以下のページを参考にテキスト準備をお願いいたします。
https://www.oracle.com/a/ocom/docs/dc/els-userguide-67749-ja.pdf

※ELSキーは開催確定後、オラクル社よりメールにて送付されます。
電子テキスト(eKit)の有効期間は開催確定後、90日間です。

[Liveオンライン研修]  ※【会場】Liveオンラインまたは【会場】Liveオンライン(H)の方
Liveオンライン研修で受講される場合、ご受講の際、下記のソフトウェアが必要です。
・Zoom
・Cisco AnyConnect
・Real VNC Viewer

各ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル

Real VNC Viewer につきましては以下の手順を確認の上、インストール願います。
https://www.school.ctc-g.co.jp/oracledatabase/pdf/Oracle_RealVNCViewer.pdf

※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

関連するコース

開催予定日

2022年

07月28日(木) ~ 07月29日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
07月28日(木) ~ 07月29日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
09月01日(木) ~ 09月02日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
09月01日(木) ~ 09月02日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
10月27日(木) ~ 10月28日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
10月27日(木) ~ 10月28日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
12月01日(木) ~ 12月02日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修
12月01日(木) ~ 12月02日(金)
【価格】 198,000円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 S614
【主催】 CTCT
【開催】ハイブリッド研修

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。