IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

TO-DT

DXビジネスのためのデザイン思考入門

コースコードTOC600 期間2日間 時間09:30~16:30 価格\96,800(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC600 期間2日間 時間09:30~16:30
価格\96,800(税込) 主催Top Out Human Capital株式会社
コースコードTOC600
期間2日間
時間09:30~16:30
価格\96,800(税込)
主催Top Out Human Capital株式会社

コース内容

コース概要

デザイン思考のプロセスと代表的なツールを身近な課題を題材とした演習形式で習得します。デザイン思考を実務上適用できるようになることを目的とします。

学習目標

・デザイン思考の中核は「人間中心設計」です。プロダクト開発、サービス開発をはじめとし、あらゆる業務で活用できる思考法です。

対象者

・DX実現のミッションを持つ方
・デザイン思考を実務上の課題解決に適用したい方

前提知識

・特にありません

スクール環境

・オンライントレーニング(Webex)

内容

●1.デザイン思考とは何か
 ・なぜデザイン思考が必要とされるのか
 ・デザイン思考の定義
 ・人間中心設計
 ・デザイン思考のプロセス
●2.ユーザーを理解する
 ・「共感」プロセスの役割
 ・情報を収集する(インタビュー/観察/体験)
 ・情報を共有する(ペルソナ/共感マップ/カスタマージャーニーマップ)
 ・インサイトを見つける
  【演習】ペルソナを作る
  【演習】共感マップを作る
●3.正しく問題を定義する
 ・「問題定義」プロセスの役割
 ・PoV(Point of View)を見つける
 ・HMW(How Might We…?)を作る
  【演習】PoVを見つける
  【演習】HMWを書く
●4.解決策を創造する
 ・「創造」プロセスの役割
 ・アイデアを量産する(ブレインストーミング/ブレインライティング/SCAMPER)
 ・アイデアを選択する
  【演習】アイデアを量産する
  【演習】次のプロセスに進めるアイデアを選択する
●5.プロトタイプを作る
 ・「プロトタイプ」プロセスの役割
 ・プロトタイプの種類
  【演習】重要体験プロトタイプを作る
●6.検証しフィードバックを得る
 ・「テスト」プロセスの役割
 ・テストの進め方を検討する
 ・テストの結果を整理する
●7.デザイン思考を実務に活かす

備考

※本コースはPMI®のPDU対象コースです。
  取得可能PDU数 12(Business(旧Strategic): 6 / Ways/Working(旧Technical): 6)

※本トレーニングコースには、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・キャンセル: コース開始日の12営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の12営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

※本トレーニングコースのPDU受講証明書は、主催会社の提携パートナー先であるテクノファイブ株式会社が発行いたします。
 ご希望の方に、トレーニングコース終了後6営業日をめどに、Eメールにて送付いたします。トレーニングコース初日に講師に申し伝えください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。