IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

VMware 海外動向

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   OpenStack  OpenFlow/SDN  情報セキュリティ  Python  システムトラブルシュート 

第22回 すべてのvSphere管理者がVMware Toolsについて知っておかなければならないこととは? (野田貴子) 2018年1月

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

VMware vSphereのユーザーはみなVMware Toolsのライフサイクルを管理することに関心を持ち続けています。高度な構成を選択した環境を特に想定して、昨年、VMware Toolsの管理に顕著な変更が加えられました。

以下の内容は、VMware Toolsのライフサイクル管理に関する最新の変更や技術情報の予備知識を得ることを期待している方を対象としています。

VMware ToolsのvSphere管理者用情報
2017年のVMware Tools:必ず知っておくべき情報
  • VMware ToolsはvSphereとは別に入手することもできます。最新バージョンはMy VMware(ショートカット:https://vmware.com/go/tools)で手に入ります。
  • VMware ESXiにはサポート対応のWindowsやLinuxのゲストOS用のVMware Toolsが含まれています。 こちらでESXiのリリースやパッチに含まれていたVMware Toolsのバージョンをすばやく確認することができます。https://packages.vmware.com/tools/versions
  • VMware ToolsはvSphereインフラ上で動作するワークロードにとって数多くの利点があります。詳細なドキュメントはこちらをご覧ください。
  • Windowsの仮想マシンは通常、VMware Toolsの一部である強化された準仮想化ストレージやネットワークドライバを使用しています。これらがVMware Toolsの一部であるために、VMware Toolsの更新後にこれらのドライバが何かアップグレードされた場合は、ゲストOSを再起動する必要があります。
  • LinuxのVMware Toolsには3種類のディストリビューション形式があります。TAR ToolsはVMwareによって提供され、スクリプト経由でインストールされます。Operating System Specific Packagesはpackages.vmware.com でVMwareによって作成し提供されるバイナリパッケージです。Open VM Toolsは個々のLinuxベンダーによってコンパイルされたバイナリパッケージで、ほぼすべての現行ディストリビューションに含まれています
  • LinuxディストリビューションでOpen VM Toolsが提供されている場合は、ESXiに含まれているTARバージョンをインストールするのではなく、Open VM Toolsを使用することをお勧めします。今はアップストリームカーネルに準仮想化Linuxドライバがあるためです。
  • すべてのESXiホストでVMware Toolsインストーラを含むデフォルトモデルを使用する代わりに、中央リポジトリを共有データストアに構成することもできます。これにより、VMware Toolsの最新リリースをvSphereクラスタに迅速に展開できるだけでなく、標準化も可能になります。詳細は、vSphere Central をご覧ください。
  • 上記の集中リポジトリ設定の変更を有効にするには、ホストを再起動するか、ESXiシェルから手動で設定する必要があります。この手順はvSphereのリリースによって異なります。 https://kb.vmware.com/kb/2129825 vSphere Centralのガイドを参照してください。
  • Tech Preview:今後のVMware Toolsリリースではオプションでオフラインバンドルを配布することを検討しているため、Update Managerを使用してVMware ESXiホストにパッチを当てている方は、今あるワークフローを使用してVMware Toolsの最新バージョンを簡単にデプロイすることができるようになります。

vSphereの管理者は上記の情報に目を通して、VMware Toolsのライフサイクル管理に取り組むための知識を身につけておきましょう。これはあらゆるVMware vSphereデータセンターにおいて、極めて重要なことです。

この記事の著者について:

Eric Gray
現在、vSphereのホストライフサイクル管理に注力しているCloud Platformテクニカルマーケティングの主任アーキテクト。2005年からVMwareに勤め、1996年にシリコンバレーに移る前は米軍の非公式の役員だった。

※本コラムは以下のブログを意訳したものです。
引用元
https://blogs.vmware.com/vsphere/2017/11/every-vsphere-admin-must-know-vmware-tools.html

※本コラムはVMware社が公式に発表しているものでなく、翻訳者が独自に意訳しているものです。

 


 

 [IT研修]注目キーワード   OpenStack  OpenFlow/SDN  情報セキュリティ  Python  システムトラブルシュート