IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

Inst. Tech View

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート 

第28回 Vyattaを使ってみよう 2013年8月

 近年の仮想化普及には目覚ましいものがあります。

 今や、データセンターでの仮想化は当たり前のものになりました。業務の中でVMware社のvSphereやCitrix社のXenServerをお使いの方も多いと思います。
 また、プライベートで使用しているパソコンでも、MacOS X上でWindowsを動かすために仮想化を使用している方もいらっしゃるかと思います。そういう私も、普段はプライベートではMacOS Xを使用しているのですが、諸事情からWindowsを使用しないといけないことがあるため、MacOS X上で仮想化を行いWindowsを動かしています。

 しかし最近では、サーバ以外のデバイスも仮想化されるようになってきました。具体的には、ルータやファイアウォールです。

 単なるサーバの仮想化だけでは、仮想化されたサーバが構成するネットワークを外部ネットワークと接続するためのルータや、仮想化されたサーバを守るためのファイアウォールが別途ハードウェアとして必要となり、サーバ仮想化による省スペース化のメリットが失われてしまいます。そこで、ルータやファイアウォールを仮想化することでサーバラックからネットワーク機器もなくすことができ、サーバラックのスペースをより有効活用できます。

 仮想ルータ・仮想ファイアウォールの製品としてはVyattaが有名です。
 そこで今回は、仮想ルータ・仮想ファイアウォールのVyattaの入手方法をご紹介いたしますので、Vyattaに興味をお持ちの方は実際にダウンロードしてみてください。

 まず最初に、VyattaとはVyatta社の開発した仮想ルータ・仮想ファイアウォールの名称で、無償版の「Vyatta Core」と、サポートを受けられる有償版の「Vyatta Subscription Edition」の2種類が存在します。

 今回は、Vyattaの無償版「Vyatta Core」についてのご紹介です。

 Vyatta Coreを入手するためには、VyattaのサイトにアクセスしISOファイルをダウンロードします。このとき、アカウント登録等の作業は不要で簡単にダウンロードすることができます。
 ダウンロードするためのサイトのURLは以下のとおりです。

 http://www.vyatta.org/downloads

 無償版Vyattaには32bit版と64bit版があり、通常は32bit版を使用します。
 さらに、32bit版でも「Live CD ISO」と「Virtualization ISO」の2種類がありますが、仮想環境で使用する場合には「Virtualization ISO」を使用します。ちなみに、「Live CD ISO」は物理ハードウェアに直接Vyattaをインストールする場合に使用します。

 先ほど紹介したリンク先で、32bit版の「Virtualization ISO」のリンクをクリックすることでダウンロードが始まります。ISOファイルは200MByteほどありますので、ネットワーク環境によっては少し時間がかかるかもしれません。ISOが入手できれば、Vyattaのインストールは仮想環境にWindowsやLinuxをインストールするのとほとんど変わりませんので、仮想環境のインストール経験をお持ちの方であれば問題なくインストールできると思います。

 Vyattaがインストールできる仮想環境は、VMware社のESX、Citrix社のXenServer、Microsoft社のHyper-V、もしくはVirtual BOX等でもインストールが可能です。

 もし、インストールが失敗する方は以下のサイトを参考にしてください。

 http://www.vyatta.org/forum/2

 ※あくまでもお客様の判断にてご使用ください。
 ※万一の不具合においても弊社では責任をとりかねます。

 本メールではここまでのご紹介となります。
 弊社では、このVyattaを使用して実際にルーティングやフィルターの設定を行う研修「仮想ルータ・仮想ファイアウォールファーストステップ」を提供しております。
 この研修では、受講生が自分でVyattaをインストールし、初期セットアップ、ルーティング、NAT、フィルター、IPsecと言った実際に使用する機能を設定していただきます。

 Vyattaに興味をお持ちの方は、ぜひご検討ください。
 皆様のご受講を心からお待ちしております。

■■■ コースの詳細情報 ■■■  ※価格はメルマガ配信時点の価格です。

VY01:仮想ルータ・仮想ファイアウォールファーストステップ
期間:1日間
価格:\52,500(税込)

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート