IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Liveオンライン対応

基礎から学ぶセキュリティリテラシー

情報セキュリティ入門

コースコードN473 期間1日間 時間09:30~16:30 価格\55,000(税込) 主催CTCT
コースコードN473 期間1日間 時間09:30~16:30
価格\55,000(税込) 主催CTCT
コースコードN473
期間1日間
時間09:30~16:30
価格\55,000(税込)
主催CTCT

コース内容

コース概要

社会人や組織の一員として必要なセキュリティリテラシーの習得を目的としたコースです。
近年、頻発している情報漏えいやマルウェア感染といったセキュリティ事件/事故(インシデント)の被害者にならないためのセキュリティ知識を、講義と実機演習を通して学習します。
また、ますます利用シーンが広がっている無線LANやSNS等の安全な利用方法についても紹介します。

学習目標

・一般のITユーザとして必要なセキュリティ知識を修得する

対象者

・一般のITユーザ
・新入社員

前提知識

・Windows PCの基本操作ができる方
・コマンドプロンプトの基本操作ができる方

スクール環境

・Windows PC(セキュリティ関連ツール)

内容

●情報化社会の現状
・近年のネットワーク利用状況
・セキュリティ被害事例
 −ワンクリック詐欺/請求
 −インターネットバンキングの不正送金
 −SNS関連のトラブル
 −遠隔操作ウィルス事件
 −Webサービスへの不正ログイン
 −標的型攻撃
・セキュリティ被害の原因

●情報セキュリティにおける脅威
・インターネットバンキングの不正利用
 −フィッシング詐欺
 −マルウェア感染
 −ドライブバイダウンロード攻撃
・Webサービスへの不正ログイン
 −パスワードリスト攻撃
・脆弱性に対する攻撃
 −脆弱性とは
 −脆弱性による被害の例
・標的型攻撃
 −ソーシャルエンジニアリング
 −標的型攻撃メール
 −水飲み場攻撃
 −ゼロデイの脆弱性/ゼロデイ攻撃
・その他の脅威
 −内部不正による情報漏えい
 −スマートフォンの脅威
 −無線LANの無断使用・盗聴
 −メールの誤送信
 −パソコン・スマートフォンの紛失
 −SNS等への不適切な投稿

●個人レベルのセキュリティ対策
・セキュリティ対策の基本
 −ソフトウェア状態の確認とパッチ適用
 −適切なパスワード設定・管理方法
 −ウィルス対策ソフト利用時の注意点
 −データ取扱い時の注意点
・インターネット利用時の注意点
 −フィッシングサイトの見抜き方
 −ワンクリック詐欺/請求への対処
 −SNSの適切な利用
・スマートフォンのセキュリティ対策
 −OSのアップデート
 −パスワード設定
 −ウィルス対策ソフトの利用
 −アプリインストール時の注意点
 −遠隔ロック/削除機能の利用
・無線LANのセキュリティ対策
 −無線LANのセキュリティ機能
 −安全な暗号化機能の利用
 −公衆無線LANサービス利用時の注意点

備考

※ CTCTオリジナルコース

[テキスト] ※集合研修(会場で受講される)の方
テキストは紙テキストを使用いたします。

[Liveオンライン研修]  ※【会場】Liveオンラインまたは【会場】Liveオンライン(H)の方
Liveオンライン研修で受講される場合、ご受講の際、下記のソフトウェアが必要です。
・Zoom
・Cisco AnyConnect
ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル
また、テキストは電子版をお渡しいたします。
※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。