IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

VMwareの資格制度と対応コース - VMwareの研修・教育ならCTC教育サービス

VMware認定資格

VMware認定資格は、VMwareソリューションの導入・展開のための技術を有することを認定する資格プログラムです。
2018年1月現在、VCA(VMware Certified Associate)、VCP(VMware Certified Professional)、VCAP(VMware Certified Advanced Professional)、VCIX(VMware Cetrtified Implementation Expert)が提供されており、今後、各分野において、更に上位のVCDX(VMware Certified Design Expert)資格が提供される予定です。

  データセンター
仮想化
デスクトップと
モビリティ
ネットワーク
仮想化
クラウド
エキスパートレベル
業務に特化したより高度な専門資格
VCIX-DCV VCIX-DTM VCIX-NV VCIX-CMA
VCAP-DCV
Design試験
VCAP-DCV
Deploy試験
VCAP-DTM
Design試験
VCAP-DTM
Deploy試験
VCAP-NV
Design試験
VCAP-NV
Deploy試験
VCAP-CMA
Design試験
VCAP-CMA
Deploy試験
プロフェッショナルレベル
仮想化エンジニアのベースとなる資格
VCP6.7-DCV対応コース
ICM6.7【VM85】
対応コース
Optimize and Scale 6.7【VM88】
VCP-DTM対応コース
Horizon7【VM86】
VCP-NV対応コース
NSX6.4【VM84】
VCP-CMA
(仮想化エンジニアへの第一歩) vSphere 6.7 Foundations 試験 (on-Line) 対応コース ICM6.7【VM85】

* ICM = Install, Configure, Manage

 

2019年 VMware認定資格の変更について

2019年4月より、VMware認定資格VCPに表記されている番号が、製品バージョンから取得年に変更となりました。(例:VCP6.5-DCVからVCP-DCV 2019)
また、合わせて2年間のアップグレードの再認証ポリシーが撤廃されました。
詳細は、VMware blog (英語サイト) をご参照ください。

VCP-DCV 2019 取得ステップ

VMware Certified Professional 6.7 - Data Center Virtualization (VCP6.7-DCV) 関連コース/対応コース

初めて取得される方

【前提条件・認定条件】コース受講(必須)+試験合格
【試験科目数】2科目

試験名:vSphere 6.7 Foundations 試験
VMware vSphere: Install,Configure,Manage [V6.7]【コースコード:VM85/VM85V】
試験名:VCP6.7-DCV試験
VMware vSphere: Install,Configure,Manage [V6.7]【コースコード:VM85/VM85V】
VMware vSphere: Optimize and Scale [V6.7]【コースコード:VM88/VM88V】
VCP5-DCV・VCP6-DCV・VCP6.5-DCV 認定のいずれかを保有されている方

【前提条件・認定条件】試験合格
【試験科目数】1科目

VCP-DCV2019へは、最新のVCP-DCV の合格のみで取得(アップグレード)できます。
※VCP4以前の認定についてはVCP-DCV2019へのアップグレード不可
※VCP6-NVやVCP6-DTMなど、別ソリューショントラックからのアップグレードも可能

試験名:VCP6.7-DCV試験
VMware vSphere: Install,Configure,Manage [V6.7]【コースコード:VM85/VM85V】
VMware vSphere: Optimize and Scale [V6.7]【コースコード:VM88/VM88V】

 

VMware 資格の概要

VCPとは?

VCP(Vmware Certified Professional)は、仮想化エンジニアのベースとなる知識を有することを証明します。
VCPには、Data Center Virtualization(VCP-DCV)、Desktop and Mobility(VCP-DTM)、Network Virtualization(VCP-NV)、Cloud Management and Automation(VCP-CMA)の4分野があります。

VCP-DCV 2019 を取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

 VMware vSphere: Install, Configure, Manageコースの受講のみならず、Optimize Scaleコースの受講を強く推奨します。

▼VMware vSphere: Install, Configure, ManageとOptimize and Scaleのコースの比較(どちらもVCP-DCVの取得前提条件を満たせます)
 [VMware vSphere: Install, Configure, Manage]
  対象:これからvSphereに携わる方、インストールから構築を経験したい方
  目的:仮想基盤を一通り構築できるようになる
  概要:vSphereにおける各機能の理解
 [VMware vSphere: Optimize and Scale]
  対象:既にvSphereの運用・設計に携わっている方
  目的:仮想基盤の能力を引き出す仕組みを理解する
  概要:セキュリテイ設定(ロールの設定、権限) 、ネットワーク/ストレージ/CPU/メモリのリソース管理方法の理解

VCAPとは?

VCPの上位資格であるVCAP(VMware Certified Advanced Professional)は、業務に特化した、より高度な専門知識を有することを証明します。VCAPには、VCPと同様、Data Center Virtualization(VCAP-DCV)、Desktop and Mobility(VCAP-DTM)、Network Virtualization(VCAP-NV)、Cloud Management and Automation(VCAP-CMA)の4分野があります。VCAPの場合、それぞれの分野において、Design認定資格とDeploy認定資格があります。

VCIXとは?

VCIX(VMware Certified Implementation Expert)は、VCPやVCAPと同様、Data Center Virtualization(VCIX6-DCV)、Desktop and Mobility(VCIX6-DTM)、Network Virtualization(VCIX6-NV)、Cloud Management and Automation(VCIX6-CMA)の4分野があります。それぞれの分野において、Design認定資格とDeploy認定資格の両方を取得すると、VCIX認定されます。

 

  • コース詳細へのリンクがないコースは弊社ではお取り扱いがございません。
    VMware社Webサイトでコース詳細をご確認ください。
  • 最新の資格詳細情報はVMware社Webサイトをご参照ください。
    お持ちの資格有効期限もVMware社Webサイト(myLearn)からご確認いただけます。
  • VMware社Webサイト(教育・認定資格):
    http://www.vmware.com/jp/services/education-certification/
  • VMware社Webサイト(USサイト:Certification):
    http://mylearn.vmware.com/portals/certification/