IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

スーパーエンジニアの独り言

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート 

第88回 ザ・ストリート・スライダーズ (藤江一博) 2019年6月

雨で濡れてしまった身体
疲れが溜まり鉛と化した体躯
無理矢理に引き摺る
気圧が下がり湿度が増していく
気だるい陰鬱な空気

暗くて狭い部屋の中で
踊ろよベイビー。
踊ろよベイビー。

 
 
 

『のら犬にさえなれない』:

今回もオフィスに独りきり。
残った業務をそそくさと適当に片付けながらコラムを書き始める羽目になりました。
シリーズ・タイトルも独り言ですから、ちょうど良い塩梅かもしれません。
それに「青空ひとりきり」よりは寂しさも視界の狭さから幾許かはましでしょう。

ですが、今日の天気は雨、大雨です。
悪天候に備えてウォータープルーフ仕様で家を出発しましたが、
大粒の雨に風が強くて傘を差していてもずぶ濡れになってまるで野良犬です。
「風の強い日」と「激しい雨が」を同時に聴いているような気もしてきて
案外悪くは無いかもと切り替えることができれば満更でもないのかもしれませんが、
すっかりずぶ濡れになってしまって身体を引きずり歩くのが億劫になってきました。
やっとオフィスにたどり着いて服が生乾きになってくると、ちょっとこれは嫌な感じがします。
「たどりついたらいつも雨ふり」な感じです。
嫌な感じが次第に陰鬱に変化してきました。
「フィールソーバッド」なワケです。
すべては己の「心もよう」次第です。

 
 
 

『夜をぶっとばせ』:

昨年の二〇一八年に「ザ・ストリート・スライダーズ」"The Street Sliders" がデビュー三十五周年を迎えました。
一九八〇年から二〇〇〇年まで活動を続けていましたが解散していましたが、間欠的に活動しています。
三十五周年記念を迎えた二〇一八年にはイベントもあり、ライブを行っています。
このデビュー三十五周年記念盤としてシングル全曲集が出ています。
まさにシングルの全曲集で待望でした。
早速、入手して毎朝毎晩スライダーズ漬けで電車通勤をしています。
勿論、誰もいないオフィスに向かった本日は「風の強い日」にはもってこいです。

「ハリー(村越弘明)」"HARRY"、「蘭丸(土屋公平)」"RANMARU"、「ジェームズ(市川洋二)」"JAMES"、「ズズ(鈴木将雄)」"ZUZU" の四人が「ザ・ストリート・スライダーズ」"The Street Sliders" 不動のメンバーです。
(過去コラム『第73回 金田と鉄雄とがんじがらめ』も併せてご参照ください)

スライダーズはというよりもこの頃のバンドの多くはシングルの楽曲中心というよりは、アルバムで勝負している感じがあってラジオで三分程度のキャッチーなナンバーを流して購買欲を唆るという商法は健在だったと思いますが、アルバム全部の全曲で世界観を醸し出すというのも多かったからです。

ですからシングル曲がイコール、ヒット曲でという訳ではないのですが、それでも良い楽曲も沢山あって今更ながらに廃盤をフルコンプしたいとは思っていたのでシングルの全曲集はとても嬉しいです。

なによりも「カメレオン」です。
当時は12インチ盤でリリースされていてA面はロングバージョン、B面は英語バージョンでした。
筆者はスライダーズといえば「カメレオン」が強烈に染み付いています。
ロック雑誌で取り上げられた断片的なイメージとシンクロした変則的なリズムが耳に残ります。
親友の芳賀ちゃんは、カラオケでスライダーズ歌おうよと誘ったら「Blow The Night!」を歌っていました。
そういえば、「Blow The Night!」は、スライダーズのデビュー曲で「高田奈美江」主演で「可愛かずみ」が出演した「夜をぶっとばせ」の主題歌でした。

 
 
 

『マンネリ・ブギ』:

ところで世界中見渡してこんなにイカした(カッコイイ)、ロックンロールバンドって「ザ・ストリート・スライダーズ」"The Street Sliders" 以外に果たしてあるのでしょうか?
(現在の主観に基づいての個人的見解です。上記の問いに対しての返信は求めていませんので悪しからず。)

そして「ザ・ストリート・スライダーズ」"The Street Sliders" デビュー三十五周年記念盤として発売されたシングル全曲集「THE SingleS」。
ライナーノートに松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」に所属する「クドカン(宮藤官九郎)」と「蘭丸」(ザ・ストリート・スライダーズ)の対談での会話の一部が記載されていました。
クドカンが「カメレオン」の最初のギターリフを一生懸命コピーしようと頑張ったけど「結局できませんでした」と蘭丸に打ち明けると「それは無理だよ、だって "二本のギター" なんだから」っていう会話がライナーノートの「付記」で回顧されていました。

そういえば、かなり以前に宮藤官九郎がパーソナリティを務めるラジオ番組で「スライダーズ」の「マンネリ・ブギ」を流していたのでクドカンもスライダーズ好きなんだろうなと思いました。
スライダーズだけではなくて往年の日本のロックのメドレーで「RCサクセション」 "RC SUCCESSION" の「トランジスタ・ラジオ」も掛けてくれました(過去コラム『第82回 サニークーペ』も併せてご参照ください)。

他には、「スターリン」 "THE STALIN"、「ボウイ」 "BOØWY"、「ルースターズ」 "THE ROOSTERS"、「エーアールビー」"ARB"、「バービーボーイズ」 "BARBEE BOYS" がオンエアーされました。
ラジオを聴いた時は日本のロック特集の回だったみたいでしたが、他の日程でアイドル歌謡曲、ロック、ポップス、ニューミュージックなどの回も放送されたみたいです。

クドカンといえば、朝ドラ「あまちゃん」で沢山流れていた歌謡曲の選曲でもクドカンの好みが分かりますが、日本のロックも好きなんだなぁとラジオを聴きながらそんな風に想いました。

宮藤官九郎より五つ年上の筆者ですが、音楽の好みは案外同じ線上にあるのかもしれません。

 
 
 

『カメレオン』:

弊社教育サービスを売り込んでくれている営業の方に、
少し大人しくなった「ハリー」に似ている営業さんがいます。

初めて会った時から勝手に似ているなぁと少し思いました。
勝手に思っているだけで本人に伝えたことはありません。
皆さんのオフィスにもハリーを見かけることがあるかもしれません。

 
 
 

次回をお楽しみに。

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート