IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

VMware 海外動向

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート 

第28回 vRealize Operations - 最新版のお知らせとvCloud Directorとの統合によるクラウドプロバイダーへの大きなメリットについて (野田貴子) 2018年3月

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

VMware技術の統一スタックであるVMware VMware Cloud Provider PlatformにはVMware vSphere、vSAN、NSX、vCloud Director、Usage Meterがあり、これによりクラウドプロバイダーは効率を高め、差別化された付加価値サービスを提供し、収益を上げ、スケーラブルなクラウド環境を最小限のリスクで構築できるようになります。

VMwareはCloud Provider Platformへの投資を続けており、その投資にはクラウドプロバイダーと彼らの顧客にとってさらに大きなメリットとなるソリューションの統合も含まれています。このプラットフォームの核心は、簡単なセルフサービスのマルチテナントサービスのサポートです。これはクラウドプロバイダーのコストを削減するだけでなく、収益が発生するまでの時間も短縮します。

それは、新しいvRealize Operations Management Pack for vCloud Director 9.0によって、vRealize Operations Manager Tenant App for vCloud Directorと同様に、クラウドプロバイダーやそのテナントが情報をさらに把握、制御しやすくなり、より良いキャパシティ計画ができるようになるためです。

vRealize Operations Management Pack for vCloud Directorは、vCloud Director用に特別に設計されたアドオンです。サポートされているvCloud Directorエンティティの状態を監視し、監視対象のProvider vCloud Directorリソースに対して早期警告スマートアラートを送信します。

vRealize Operations Manager Tenant App for vCloud Directorはテナントのアプリケーションであり、テナントの管理者はvCloud Director環境を可視化することができます。このアプリケーションはサービスプロバイダのみが利用可能で、テナントのモニタリング、トラブルシューティング、キャパシティプランニングのアクセスが可能になります。

vRealize Operations Managerを拡張してvCloud Directorを導入し、クラウドプロバイダーがテナントにアプリケーションへのアクセスを提供できるようにすることで、vRealize Operationsはコストを削減し収益を素早く上げるのに役立ちます。

vRealize Operations 6.6のリリースでは、顧客のソフトウェア・デファインド・データセンター(SDDC)やマルチクラウド環境の計画、管理、および拡張を支援するインテリジェントな運用ソリューションを顧客に提供しています。ユーザーエクスペリエンスが見直され、ソフトウェア・デファインド・データセンター(SDDC)技術と複数クラウドがより大きくより深く統合したことで、この最新版は革新的となりました。

vCloud Director、vRealize Operationsの統合や、vRealize OperationsをvCloud Directorテナントのサービスとして提供する機能に加えて、vRealize Operations 6.6でクラウドプロバイダーが期待できる新しい革新がほかにもあります。

  • パフォーマンス管理、容量、ログ分析、コスト分析、計画、トポロジ分析、トラブルシューティング、自動ワークロードバランシングといったすべての管理機能が、非常に直感的かつ規模や機能を増築しやすいプラットフォームに統一されました。
  • HTML5ユーザーインターフェイスが再デザインされ、簡略化されました。ダッシュボードで迅速なナビゲーションができるようになり、その適切なショートカットによって起動や修復に時間がかからなくなりました。
  • ストレージ(vSAN)、ログ(vRealize Log Insight)、ビジネス(vRealize Cloud for Cloud)、そして自動化(vRealize Automation)といった、迅速な価値創造のためのデフォルト機能が準備されています。
  • コスト分析機能を備えたキャパシティ計画により、リソースの使用率やパフォーマンスを最適化し、仮想マシンのワークロードに十分なリソースがあることを確実に保証できるようになりました。

vRealize Operations 6.6の評価はこちらで、ダウンロードはこちらで可能です。また、詳細については、vRealize Operations Webページをご覧ください。

引用元
https://blogs.vmware.com/vcloud/2018/01/vrealize-operations-latest-release-integration-vcloud-director-delivers-even-greater-value-cloud-providers.html

※本コラムはVMware社が公式に発表しているものでなく、翻訳者が独自に意訳しているものです。

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート