IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

コラム

Ruby on Rails 海外事情コラム

CTC 教育サービス

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート 

第34回 Ruby on Railsの需要はまだまだ巨大です (野田貴子) 2018年8月

こんにちはー。野田貴子です。
今月も海外のRailsコラムを意訳してご紹介します。ご参考になれば幸いです。

###

システム開発において、使用している技術の人気度はとても気になりますよね。Ruby on Railsを使い始る前には人気度の調査を行った方も、長らく使用し続けているうちに再調査をしないまま過ごしていませんか。そのような方のために、このコラムではときどきRuby on Railsの市場需要について取り上げています。

今回はこちらの記事をご紹介します。

Demand for Ruby on Rails is Still Huge
https://medium.com/@yoelblum_45935/demand-for-ruby-on-rails-is-still-huge-ea4434926c57

『Ruby on Railsの需要はまだまだ巨大です』

本文を読む時間がない方への要約:

求人情報を見てみると、RailsはDjango、Laravel、Express.JSよりもはるかに人気があります。サンフランシスコ・ベイエリアのようなスタートアップが多い都市に絞って計測すると、RailsはASP.NETよりも優れています。事実、求人の数で判断すると【Railsはおそらく米国でWebベースのスタートアップのために最も使用されているフルスタックなWeb技術】でしょう。

以前の投稿(*1)で私は、「Railsは引き続き普及しているものの以前より人気が衰え、Laravel、Django、Express.JSなど他のフレームワークと同等になってしまった」という事例をあげました。この判断を下すにあたり私が使用した手法は、Stackoverflowでたずねられる質問の数を時間の経過と共に見るというものでした。これは良い判定基準ではないという多数の意見があったため、私はさらに深く掘り下げることにしました。

今回はStackoverflowやGoogleトレンドの人気度を調査するのではなく、【仕事の求人数を見てみることにしました(Linkedinを採用しました)。仕事というのは私たちが実際に気にかけていることですしね。】

サンフランシスコ・ベイエリアの求人HIT数:

1. Rails 1,066件 ←★
2. Django 636件
3. Spring MVC 304件
4. ASP.NET 298件
5. Symphony 98件
6. Express.JS 74件
7. Laravel 30件
8. Sails 18件

注意:「Express」は求人情報によく表示される英単語であるため、この単語で求人数を求めることは問題がありました。よって私は「Express.js」で検索する必要があったのですが、これは公正ではないかもしれません。

【Railsは、ベイエリアで開放中の最も人気のあるWebフレームワークです。】

特筆すべきは2,498件あった「Spring」の求人と、と1,120件あった「.NET」の求人ですが、これらは結果に含めませんでした。SpringはWebフレームワークではなく一般的なアプリケーションフレームワークであるので、代わりに「Spring MVC」と比較しました。多くの「Spring」の求人は実際にはビッグデータやデータサイエンスなどの募集になっています。.NETを含めなかったのも同様の理由です。

■言語自体について

サンフランシスコ・ベイエリアの求人HIT数:

1. Python 13,866件
2. Java 11,472件
3. Javascript 7,433件
4. PHP 3,628件
5. Ruby 3,371件 ←★
6. Node 2,301件(言語ではありませんが・・・)
7. C# 2,070件

この順位はRubyにとって印象的なものではないかもしれませんが、PHPとほぼ引き分けている点は印象的です。PHPはフレームワークではなく言語自体に人気があるのは、古典的なアプリケーション開発が続いているのではなくて、PHPがWordpressやDrupal、あるいは基本的な短いコードで頻繁に使用されているためかもしれません。

次に、米国全体のスタートアップから大手まですべてを数えてみましょう。

米国の求人HIT数:

1. Asp.NET 12,203件
2. Rails 8,710件 ←★
3. Spring MVC 3,570件
4. Django 2,650件
5. Laravel 957件
6. Express.js 620件

Railsの順位はとても高いですね!

主な結論と留意点 :

1. Railsは、特にシリコンバレーやなどのスタートアップ都市では非常に普及していますが、米国全体を見ても人気があります。Railsは目下の競合であるDjango、Laravel、Express.JSなどよりも多く求人情報で言及されています。

2. ベイエリアではLaravelとExpressは驚くほど低い求人数でした。Nodeには大多数の支持者がいますが、なぜ順位が低かったのかを完全に説明することはできません。Nodeは主にフロントエンドのツールになったか、サーバー側でNodeを使う際はフレームワークが不要になったからでしょうか。いずれにしてもExpress.JSは求人情報ではほとんど見られませんでした。

3. 一般的なアプリケーション開発フレームワーク(Webだけではなく)として、Springと.NETは依然として断トツで人気があります。Railsはまだその求人数に近づいていません。

4. 私は米国だけをチェックしましたが、他の国ではまた異なる結果を示すことでしょう。例えば、私はオランダに拠点を置いていますが、ここでのアプリ開発ではPHPの人気が非常に高いようです。しかし、他の国々の結果がどうであれ、米国の影響は大きいと思います。

■コーディングブートキャンプ(研修機関)について

Switchupによる2018年のベストブートキャンプの一覧(*2)を見ると、Railsはいまだ【著名なブートブートキャンプで最も教えられているWebフレームワーク】になっています。大手の多くはアプリ開発を教えるためにRailsを選択しています。多くのNode.JSやいくらかDjangoの例も見られますが、PHPはほとんどありません。この状況はすぐには変わらないでしょう。Scala、Elixir、newcomersなどは、ブートキャンプのコーディングには適していないようです。

【ブートキャンプというのは市場調査をして卒業生の就職見通しを考えているものなので】、この情報は重要です。Railsは楽しく簡単に教えることができるというだけでなく、巨大な市場があるために選択されています。

**今回の結論は、上記のフレームワークのすべてが多かれ少なかれ同等であると主張していた私の以前の投稿に矛盾する部分があります。フレームワークの人気度を評価するために様々な指標を使用する際は、慎重になる必要がありますね。**

*1 https://medium.com/@yoelblum_45935/is-rails-still-popular-in-2018-d17f3b062b18
*2 https://www.switchup.org/research/best-coding-bootcamps

 


 

 [IT研修]注目キーワード   Python  UiPath(RPA)  最新技術動向  OpenStack  システムトラブルシュート